18日の寄り

東京は今朝も雪が降っている。冬なので仕方がないが東京らしくない。

オリンピック期間中は、どうしてもオリンピック中心になってしまう。
日本人にメダルが来ると尚更だ。
寝ている間にカーリングの試合もあった。目黒萌絵が、本橋麻里が、近江谷杏菜、山浦麻葉が、石崎琴美が「惜敗」となる。「惜敗」はドレッシングをかけた表現だと思ったが、スコアは「6-7」なので納得。
アメリカ戦はミリの差で勝利した。「辛勝」とも書けてしまう。
どうも、カーリングって微妙な差で勝ち負けが結してしまうものと考えておくのが正しそうです。

チーム青森、カナダに惜敗 カーリング女子
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100218-00000502-san-spo

ニューヨーク株式が引けてから発表された、米国・半導体製造装置のアプライドマテリアルの11-1月決算が黒字に転換したそうな。
時間外取引では3%上昇しているのだとか。

書いていることがこれだけだと、いいことだと思えてしまう。
しかし、ちょっと待てよ。装置の受注が回復した原因は、以下の2点である。

昨年前半の、オーバーシュート気味の需要減からの回復、凍結された設備投資の復活
世界各国政府の税金投入による電気製品や自動車の需要先食いによって、設備投資を要すると半導体メーカーが見誤る

1点目は額面通り読み取れることなのでいいのだが、2点目が問題。
最近は「回復」ってトーンが株の世界では言われているが、現実には企業業績だけが回復しただけで、一般市民にはさっぱり回復の気配はない。
企業業績にしたって、補助金という名の税金供出に伴うムリヤリな需要創出で担ぎ上げている感が否めないのである。

痴漢部長が現われた川崎市のNECの敷地にある、NECエレクトロニクスは依然として赤字から抜け出せない。汚らわしい。
ルネサステクノロジと合併してルネサスエレクトロニクスになっても、どっちみち赤字のままだろう。
あ、これは経営陣がダメだからか。

◇ ◇ ◇

きょうの東京株式は、間違いなく高くなるだろう。
その要因は、欧州の、ニューヨークの株高に求めたくなるだろうが、これは誤り。
ドルだけが高くなった為替相場が影響を及ぼしそう。

しかし、昨日の東京株式は「先物→現物→先物→」の買いスパイラルになって高くなりすぎた感もあるのでいかに。
東京エレクトロンやニコンは1/15の年初来高値よりはまだ安いものの、いまの株価水準をキープできるほど業績が戻っているなんてとてもじゃないが考えられない。
でも、コンピューター売買で値段を担ぐんだろうな・・・あほらしい。

CME日経平均先物は高くなっているのに、東京株式は利食いで反落しても不思議ではありません。
結局、よくわからないのが今日の予想です。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム