10/02/03の市況

アクセスペダルの不具合で、アメリカを中心に大量のリコールが発生しているトヨタで、新たにプリウスでブレーキの不具合が日米で多数起きていることが明らかになった。対象は、昨年5月以降に発売になった第三世代。
トヨタの看板車種だけに事態は深刻。それも問題が日米で起きているだけに深刻となってしまう。アクセスペダルの件は米国CTS社の責任ともできてしまうが、今度はトヨタ自動車にアイシン精機と、明らかにトヨタグループに責任がある形だ。
アクセスペダル・リコール問題でのダメージにダメを押してしまう可能性がある。シャレになっていない。

「プリウス」ブレーキに苦情=日米で112件-国交省、トヨタに調査指示
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100203-00000092-jij-pol

昨晩、NHKスペシャルの「無縁社会」再放送を見ながら、2ちゃんねるの実況を見ていた。31日の放送のときもカキコが大量に発生したが、再放送でも大量だった。しかし、放送時間が深夜だったので、カキコの数は約半数ぐらいだった。日曜日21時放送のものは、首都圏での視聴率は1割を超えていた。「行列ができる法律事務所」には勝てなかったものの、第二位だった。

そんな「無縁社会」をみながら、2ちゃんねるを典型的に表す「ちくり裏事情」ってやつを見てみた。NECのスレッドが乱立されていた。

代表として、「NECの裏事情62」を見てみた。ちくり裏事情は、会社の批判が書かれる形なのでそれに従っているが、批判される内容がお粗末過ぎる。

まず取り上げられていたのが、社長の年頭訓示について。一連の流れが記されていた。まず、年頭訓示のプレスリリースから。

【一時プレスリリースに乗った年頭訓示】
NECグループの新しい時代をつくるのは"自分"だという思いで「大胆な一歩」を
NECグループは、2008年にNECグループビジョン・バリュー/NEC Wayを策定し、長期的発展の基盤をつくった。そして2009年には従来のNECグループの常識を打ち破り、革新に向けた取り組みを実行し、組織・制度改革、業務プロセス・IT改革、さらに半導体やモバイルターミナルの事業再編などを実行した。
2010年はこれまで築いてきたNECグループの新しい基盤に基づき、「NECグループビジョン2017」を実現するための「大胆な一歩」を踏み出す年としよう。私たちがビジョンで想定した世界への動きが加速する中、IT/ネットワークを軸とした新しいNECグループとしてグループの総力を結集し、「お客さまのお客さま」まで考えながら、不況の先の新しい世界に向けてお客さまと社会に貢献できるイノベーションを生み出していこう。そのために、クラウドを軸とした成長戦略の実行を加速し、徹底したマーケットインの発想でグローバルに勝てる製品・サービスを創出していこう。
そしてNECグループが「One NEC」として力を最大限に発揮するために、「対話」を継続的に行うことで組織風土改革を推進し、対話をとおして世界中の知恵を新結合させイノベーションを生みだしていこう。その中でNECグループ全体で成功と失敗を共有し、仲間と共に学んでいこう。
年初にあたり、NECグループ社員の皆さんには、2010年の挑戦を成功させるために一人ひとりが主役となり、自分に何が出来るかを考え、主体的に行動して欲しい。
そして自部門だけでなく、全体最適を常に意識し、One NECに貢献するために、お互いが助け合って実行していこう。既に新しいNECグループに変わるための環境は整ってきた。新しい世界も見え始めている。NECグループの次の時代を創るのは"自分"であるという強い思いを持って、大胆な一歩を踏み出していこう。

なぜ【一時】としたか。実は、訓示の一部がパクリだったのだ。結局、このプレスは消されてしまった。そのこともスレッドに記されている。

146:名無しさん:2010/01/08(金) 10:02:53 ID:NWcJTjV/0
実業界で聞けるスピーチには、独自にこの領域にたどり着いているものがある。ただ、文学系のこの手の文章に比べると流麗さがなく、出てくる言葉の種類も違う。あなたの会社の社長を真似たスピーチをランダムにでっち上げてみればいい。彼の言っていることは聞く価値があるか、それとも運がいいだけで今の地位にたどり着いた輩の口から飛び出たナンセンスかがわかる。どうやって? 次のリストから文を五つ選び、文法的に正しいスピーチになるように最小限の言葉を加えてつなげてみればいい。
当社は顧客の利益を追求する/目指すべき方向/お客様は当社の財産/株主価値の創造/当社のヴィジョン/当社のノウハウ/当社は双方向のソリューションを提供する/当社の市場での地位を確立する/顧客によりよいサービスを提供するためには/改革の痛みなくして成長なし/当社は長期的な利益を求める/勇気と意思を持つものが勝つ/当社は技術革新に心血を注ぐ/社員の幸せが高い生産性をもたらす/優れたものへのこだわり/戦略的プラン/当社の職業倫理
もし、最近耳にしたあなたのボスのスピーチに似すぎていると思ったのなら、会社を変わったほうがいい。
-"Fooled by Randomness: The Hidden Role of Chance in Life and in the Markets"-
Nassim Nicholas Talebより

情けないわ。
トヨタを見習え、ってこともスレッドには記されていた。甘い設計を見習うつもりなんだろうか? 傲慢な態度を見習えって言うのだろうか? 経費も賃金も一部に負担を強いることも記されていた。これでは、やる気喪失と製品品質劣化必至だ。パソコンやケータイは言うに及ばず、セブンイレブンやローソンのレジのようなものまで忌避したくなる。
トップがダメだと、末端まで悪影響が及ぶ。金正日そのものだ。

かつて、元モーニング娘。の安倍なつみが盗作したことで2ヶ月謹慎に至ったことがあった。盗作についてはうるさく言われて当然である。
ましてや、腐ってもまだ何兆円かの売り上げがあるNECの社長は、安倍なつみの何十倍も何百倍も影響がある立場にいるわけで、影響は甚大となる。

安倍なつみは、あくまで個人営業なので芸能活動自粛(2ヶ月)で済んだが、創作活動はできなくなってしまった。一方、社長業は個人商店でない限り自粛なんてありえない。2ちゃんねるではヤメロコールで満ち満ちているのも、こんなパクリからも分かってしまうものです。

社長業にブランクがある例は、タレント・千秋の父である藤本勝司氏が有名。ただ、これは、ピルキントンから迎えた外国人社長が退任してしまったために、(日本板硝子の)会長職から社長職に復活する形になっているもの。本人に責を負うことがないのでできることなのです。

たかがスレッドとはいえ、疎ましいものを見せ付けられた思いでした。

◇ ◇ ◇

今日の東京株式市場は、ニューヨーク高に、アジア高で高めに推移した感じだった。
もっとも、昨日1.5%ほど上げているので、今日の上げは大したことになっていない。

きのうは上げの主役だったトヨタは、プリウスのブレーキ問題公表で大幅安。ブレーキシステムを担当しているアイシン精機もだ。
J:COM株買取が金融庁に調べられていることが昨日明らかになったKDDIも安い。

日経平均 10,404.33 △33.24
TOPIX    915.68 △2.86
JASDAQ    51.45 ▼0.09

トヨタとKDDIしか書くことがないのか・・・と思ってしまう今週です。
トヨタは、ブレーキ障害が日本でも・・・ってところがやばい。ブレーキ周りを作ったアイシン精機が悪いってことになるが、
テストを十分にしなかった形になったトヨタも悪い。アイシン精機はトヨタグループだ。
結局「トヨタが悪い」となってしまうので大打撃。下がって当然だ。当事者のトヨタ自動車、アイシン精機はじめ、自動車製造に関わるところは軒並み下がっていた。
トヨタ(3400▼205)アイシン精機(2376▼132)デンソー(2701▼88)豊田自動織機(2621▼37)トヨタ車体(1575▼37)関東自動車(743▼13)。

KDDIは、株式買取の契約書がどうなっているか明らかになっていないのでイマイチ書きにくいところが、とりあえず売られた感じだ(488500▼500)。もっとも、寄り付いた後から13時ごろまでは484000円以下の安値圏を推移したもの、持ち直して終わってみれば500円安。
KDDIがLGIグループと交わした契約が破棄されることでの違約金、TOBに変わることでの負担増を懸念した形で、寄り付きから売られたものと考えるが、契約書の特約事項に、「違法時の対処策」みたいなものが書かれていないとは思えない。白紙撤回にするとか、違約金はいくらにするとかをだ。一般人であれば犯しがちな、特約事項のようなものを見逃したり、書き加えなかったりなんてことも考えにくい。KDDI側で、契約の見直しもやぶさかでない旨がちらちらとささやかれていることからも、特約事項による契約見直しは十分に考えられるのです。

きょうのカキコは以上です。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム