10/01/04の市況

きょう、東京証券取引所では、新しい取引システム「アローヘッド(arrowhead)」が稼動した。
大発会でもあるのだが、今年はアローヘッド稼動の方が目立つ形だ。

アローヘッド稼動に伴い、1取引に要する時間が格段と減ったとか、ストップ高・安の値幅が拡大されたなどの変更点がある。株価の刻み幅も変更されている。

きょうケータイで様子を見る限り、自分的には、1取引に要する時間が格段と減ったとか、ストップ高・安の値幅が拡大されたことについてはあまり意識する必要性は感じられない。その一方、株価の刻み幅が細かくなったほうについてはウザさを感じさせられてしまう。

1株2000円以下の株式と、一番上の位が「5~9」の株式については、刻み幅に変更がないので昨年と変わらないが、2000円から4995円、20000円から49950円、200000円から499500円・・・については値幅が細かく変更された。

とくに2千円台(1円刻み)、2万円台(10円刻み)、20万円台(100円刻み)・・・については、刻み幅が5分の1に変更されてしまったのでウザい! 取引成立しやすくなったのはいいのだが、発注価格に以前以上に気をつけなければならない。「1カイ2ヤリ」の手法は、刻み値が小さくなってしまったことで、手数料の面から証券会社の自己売買部門を除くと難しくなってしまった。

どちらにしたって、株で利益を得ようと思ったら、以前より機敏に動かないとダメって事だけは間違いなさそうです。

◇ ◇ ◇

今日の東京株式は、大納会の大引け間際にヘッジファンドが売り処分したやつの買戻しが出たような雰囲気。
大納会の大引け間際に売りが出たというのは、31日のニューヨーク株式、15時半過ぎから16時でも似た形になっている。
今日は、この買戻しに、ちょうちん買いとか、システム買いのようなものが寄り付き時点で加わってしまった感じだ。

年始なので、スマートグリッド(次世代送電網)のようなテーマ買いがはっきりと出ているのは間違いないものの、今日の上げはテクニカルな要素の方が大きそうです。

JAL(88△21)のように経営破たんを先送りする(?)ことでの買い戻された例外はあるものの、大納会の大引け間際に出たヘッジファンドの売りに対する買戻しの動きが広く出ていた模様。
スマートグリッドで恩恵を受ける東光電気(548△80)がストップ高にあるとか、明電舎(448△32)高岳製作所(317△39)が大幅高になったとかはあったが、大勢にまでは影響が及んでいないようです。

大体こんな流れとみておけばよさそう。

しかし、日経を含めた一般紙では、こうしたテクニカルな要素は無視して「明るい1年の幕開け」と作文すること間違いない。テレビのニュースでもだ。

証券会社の窓口や営業マンもこんなトーンで今日の相場を語るに違いないのだろう。相場観が必要なのだと、報道を見て改めて感じてしまいます。

今日の株価指数上昇だけで、2010年の株価動向なんて考えないほうがいいと思います。
今日はあくまで、30日・大納会の下げを補正しただけなのですから。

日経平均 10,654.79 △108.35
TOPIX    915.75 △8.16
JASDAQ    48.47 △0.11

××なオフィスは、きょうが仕事始めだった。そこへ行っては見たものの、所詮その程度の所だって事だけが改めて思い知らされるだけだった。社長氏が偉そうなことを構内放送で放送されていたが、そんなものに耳をくれるようなバカなどいるはずもない。聞いているのは、権力に身売りした愚者しかいないってことだ。

赤字決算で、経費を浮かさないといけないというのに、バッカじゃないの? 仕事始めの4日なんてそうそう仕事があるはずもないのだ。こんな訓示のために出社させても光熱費のムダでしかない。

結局、社長氏が権力を誇示するために、ヒマな日に訓示を押し付けるだけだった。腐っている。ヒトラー、チャウチェスク、フセイン、金正日と何ら変わりはない。

かつて野中ともよ氏(「氏」なんてつけるの、縁起でもない)、三洋電機の幹部向け講演でえらそうにピンボケな事をほざいていた事を思い出してしまった。その後、三洋を追われた後は、一切名前すら聞かなくなった。これと同じ運命が待っているだろう。

アホが犯した凶行は、忌み嫌うべき過去として抹殺されるのだ。
和歌山市の砒素事件家屋は取り潰された。東京あきる野市の幼女事件家屋もだ。大阪・池田市の小学校は立て替えられた。フセイン像は憎悪の的となった挙句に、溶解されたはずだ。

ダイエー、西武百貨店、三洋電機が倒産しなかったように、××な会社は(上からのお達しで)倒産させないと思う。しかし、イオン、セブン&アイ、パナソニックに飲み込まれ、いらない事業はあっさりと捨てられた。××な会社もその運命をたどるはずだ。

北海道拓殖銀行、そごう、マイカル、(ディスカウントの)キムラヤ、NOVA、カネボウのように、破たんしても、いらない事業を切り捨てた上で事業のある程度が残されるケースもある。

××なオフィスからは、こころはすでに離れています。上では、相当針小棒大な書き方にしてしまっているが、そこでやられていることは、悪質な凶行を矮小化しているにすぎないんですから。

しかし、ある程度の蓄えができれば、心身ともに見放すことができる。
株ってやつは、生きる手段として使えることはすでにはっきりしている。福井の山田勝三氏とか、BNF氏のような例もはっきりとある。
さっさと××なところから足を洗うよう、収益を確実に上げなければ。

今日のカキコは以上です。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム