餃子の王将の餃子はやっぱりおいしいのだ

今日、ハチ公前の渋谷駅前交差点を越えたガード下にある「餃子の王将」の前に行ってみた。夕方は入り口前に行列ができるのが常だが、体育の日の連休からその行列はさらに長くなり、入店まで30分待ちにまでなる勢い。なんじゃーこれは…

あまりにも待ち時間が長くなりそうだったので、行列に加わるのを止めてしまった。

店の中にいる店員は、休みなんて取れるはずもない。店の造りから、店内で一息つく場所はない。

休みを取ろうと思ったら、道路を挟んだ別のビルにあると思われるビルなどに行くしか手立てはないはず。実際、店を出た女性店員が、行列の最後尾から遠く離れたところにまで行って、何か缶入りの飲料を飲んでいたぐらいだった。満員の客がいる店の中で缶入り飲料を飲むのは、どう考えても無理だ。

UCC無糖コーヒーなんか飲んで、貼られているシールを集めて、プレゼントに応募しているのかもしれない。

そんなことはさておき、あきらめて近くのラーメン屋に行った。そこでラーメン+餃子+ライスのセットを頼んだ。ラーメン(700円)+餃子(4個で200円)+ライス(100円)のものが950円。お値段はそんなものだろう。ラーメンはおいしかったので、それについては何にもいう気はないが、200円相当の餃子が出てきて、ちょっと食べた途端、ガッカリしてしまった。

冷凍餃子を焼いただけって感じではないか。

餃子が主力商品の王将と、ラーメンが主力のその店を比較してはかわいそうではあるが、差がありすぎた。6個で210円の王将と、4個で200円の某ラーメン店。餃子1つの単価は王将が35円で、某ラーメン店は50円。しかし、どうみたって王将の餃子1個の方が、某ラーメン店の餃子1個より充実していた。王将の餃子が@35なら、某ラーメン店は@15がいいところだ。王将の餃子単価で考えれば、200円相当の餃子は60円ぐらいしか出せる代物じゃなかった。

某ラーメン店は、東京や横浜に店を出すようなところなのだが、客足はかつての勢いはない。某ラーメン店の経営者は、王将の餃子なんて食べたことなどないのだろう。こんな餃子を出しているようじゃ、客は逃げても仕方がない。

改めて、餃子の王将が「アメトーーク」効果なんて抜きにして繁盛するわけが分かってしまいました。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 食品・食べ物・食生活
ジャンル : ライフ

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム