09/10/16の市況

嵐、NEWS・・・大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤、小山慶一郎、錦戸亮、山下智久、増田貴久、加藤成亮、手越祐也。冒頭でジャニーズのメンバーを並べてみた。彼らのファンが、熱狂的なファンがヤフーを支えている・・・。
今朝、山手線の中でそんなことを考えていた。ジャニーズの2ちゃんねるのスレッド一覧をまとめたやつを作ってブログに掲載したことがあったのだが、それがYahooブログ検索に引っかかるようになった途端にアクセスが急増したことがあったからだ。

そんなことを書いていたら、東京人の櫻井が、神戸新聞を舞台にしたドラマに出ることが見つかった。

嵐・櫻井、阪神大震災ドラマに主演 実在のカメラマン役
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091016-00000027-sanspo-ent

彼には神戸新聞より東京新聞の方がお似合いだと思うのだが・・・。関ジャニもいるだろうが。

話は戻すが、アクセスが急増したブログはYahooのブログ検索から消えた途端、ジャニーズのお客さんはぱったり途絶えた。なお、Googleのブログ検索や、Yahooのウェブ検索では締め出された形跡は見当たらないので、冒頭の結論に至った次第。

with2.netの人気ブログランキングサイトが提供している、人気投票のサービスを見ると、投票度数が多いやつはジャニーズの20代の人に関するものに集中している。いや、集中しすぎていると言っても過言ではない。

冒頭の嵐やNEWSに関するものが集中に該当する。そのファンは女子高生を中心に女子中学生とか20代前半の女性など。結局、このあたりの女性の検索エンジン利用シェアが圧倒的にYahooということになるのだろう。テレビで検索エンジンが使われるときは、ほとんどの場合でYahoo。GoogleやMSNはテレビでプロモーションしていないのだから、ムリもないと思えてしまう。

また、TOKIOやSMAPのことを書いても、嵐やNEWSほどの反応は見られない。これは別に人気の差によるものではなく、単にファン年齢層のコアが20代や30代になってしまったために反応数が減ってしまったとするのが落としどころとなるのでしょう。

しっかし、自分が普段かかわりのない女子中学生とか女子高生について書いてみようとすると、あまりにも実感がない。ここで書いたようなことなんて、普通に「違うよ」ってされそうなのがわかってしまうのですから。

「non・no」のサイトを意識的に開いてみた。トップバナーの女の子はかわいい、なんてことは思ったが、ページそのものはほとんど見ないで閉じてしまった。しかし、思いもよらない広告が出ていてビックリしてしまった。

純粋に結婚相手を求めている医師がいます。

これは、医師と結婚したい女性への紹介サービス広告になります。医師のイメージは「高収入のエリート」。ムリもないと思った。国公立医学部に限定するが、最も易しい
島根大学・旭川医科大学でさえ、理系学部の難易度で上回るのは東大と京大理学部だけ。このことから、頭が良くなければ医者になれないのは事実となる。しかし、最近の医師のイメージは「高収入でエリートだが、勤務時間を考えれば大したことない」。
自らが大病院を経営するとか、あるいはオーナー一族であるということでもなければ、勤務医か街医者になるしかないが、ずば抜けて高収入であるはずもない。街の歯医者に至っては、供給過剰状態でワーキングプアの人が続出している。
これならば、5大商社の正社員とか、キー・準キーのテレビ局正社員を狙ったほうがベター。住友商事では「TOEIC730」を取れないような人は採用しない代わりに、採用された人は10年目で年収1200万円が確実なのだから、下手な勤務医よりも良縁ということになります。

古いイメージとズレがある現状を知らずに、うかつに手を出すと痛い目に遭いまっせ。

◇ ◇ ◇

きょうの株式市場。よくわかりません。
電機・精密と石油だけが上がっているというのが基本線。一方、半導体関連、自動車関連、再建で株主にも負担必至のJAL(101▼13)、JAL債権の放棄を迫られるメガバンク、NTT・KDDI・JR・電力のディフェンシブ系などは軒並みやられてしまっている。

体感的にはマイナス。TOPIXはマイナスなのだが、なぜか日経平均はプラス。何でかなーって探っていったところ、「日経平均寄与度」を計算して表示するHPにたどりついた。日経平均を構成する225銘柄を見ていくと、最後の方にあるユニクロのファーストリテイリングが場違いな上げ方(15320△800)を見せているではありませんか! その一覧には、各銘柄の「寄与度」も記されているのだが、同社の値は△32.45。

きょうの日経平均は△18.91なので、

日経平均(18.91)<ユニクロ(32.45)

なんて計算が成り立ってしまう。なんじゃこれは。ユニクロがなければ▼13.54ではないか。

日経平均 10,257.56 △18.91
TOPIX    900.95 ▼3.16
JASDAQ    48.79 ▼0.11

こんな計算上のいたずらが、日経平均では日常的に起きるので、NHKでは株価指数は時価総額に近いTOPIXを優先して取り上げています。

16日の時価総額の動きを三井住友FGとファーストリテイリングを例に書いて見ます。

  • 三井住友FG 3190▼60
    今日の時価総額減少額 1017711777株×60円→610億6270万円
  • ファーストリテイリング 15320△800
    今日の時価総額増加額 106073656株×800円→848億5892万円

ユニクロ÷SMBC=1.389

しかし、日経平均寄与度でいくと

  • 三井住友FG ▼0.243
  • ファーストリテイリング △32.45

ユニクロ÷SMBC=133.53

時価総額の変化比と、日経寄与度の比を比べると100倍近い差がある。これは、日経平均は「歴史があるが使えない」指標であることを示してしまうものです。
歴史的には「日経平均」がなじんでしまっているが、実態に合わない数字でものを考えるべきではありません。くれぐれもお気をつけを。

今日はこれで終わりとします。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム