★★1440・09/09/28の市況

きのう、両国国技館に姿を見せた鳩山由紀夫に対しての観客の反応は決して悪くなかった。その一方、今日決定した自民党の総裁選については、さびしいったらありゃしない。谷垣禎一元財務相に決定したのはまぎれもない事実だが、世間の扱いは冷たい。脇役の扱いって、所詮こんなものさと思うしかないのでしょう。

<自民党総裁選>谷垣氏が新総裁に 河野氏も健闘
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090928-00000046-mai-pol

そんな盛者必衰の流れはどうにもなりません。ただ、どさくさにまぎれて勝ち組になってしまった人もいるから性質が悪い。亀井静香さん、あなたのことですよ。

亀井静香金融・郵政改革担当相に藤井裕久財務大臣。
金融政策の意味で、この2人はめちゃくちゃ嫌われている。

亀井静香金融・郵政改革担当相は、借入金返済に窮した中小企業をターゲットに「モラトリアム」や「金利支払い繰り延べ」を言っている。
ただ、この発想は既存借り入れ者への保護ばかりになってしまう。「モラトリアム」や「金利支払い繰り延べ」を推し進めると、既存借り入れ者の返済は猶予される一方で、新規借り入れ希望者への貸し出しは抑制されてしまうことになってしまう。

郵政民営化反対がらみで自民党を飛び出した人だ。この件もあわせて考えると、守旧派と扱わざるを得ない。自民党の古い政治を忌み嫌って民主党に政権を取らせたはずなのに、連立政党に自民党の古い政治をやる者がいる皮肉がある。

古い政治が静岡空港のような無駄な公共工事を生んでしまい、JALの経営危機の遠因になってるって、わかっているんですかね…。かんぽの宿も、施設云々以前に経営のやり方に問題があった。そのへんを考えないで政府企業にしてしまうと組織が腐敗してしまうというのに…。

藤井裕久財務大臣はけさ、一時1ドル=88円台前半まで上昇した円相場に関して「トレンドは異常でも何でもない」と指摘している。1980年代前半のプラザ合意後の円高、1995年の1ドル79円75銭をピークとする円高は、主因が日本の巨額な貿易黒字にあったため必死に為替介入が行われた。今の為替相場は主因がアメリカにあるため手が打ちにくいとすべきなのだが、いまの状況は、「ドル安」を通り過ぎて「投機的円高」になり始めている。
「円安政策」がとりにくいのはある程度理解できるが、「異常でも何でもない」と言い切るレベルはすでに通り過ぎている。そろそろアンチ円高政策を取っていただきたい!

その後、財務省内で「やや円高に偏ってきているという印象を持っている」と述べたのは当然のことだ。さすがにけさの発言はマズイと思ったのだろう。

8月の酒井法子報道のようなボーナスステージなんて、そうそう期待できません。ジャニーズでも男闘呼組元メンバーでは余裕を持ってスルーされてしまいます。悪政にはストレートに批判が飛んでくるのです。

◇ ◇ ◇

昨日、両国国技館で喝采を浴びた鳩山由紀夫だが、その鳩山を筆頭とする鳩山内閣で、亀井金融・郵政改革担当相や藤井財務相がいらんことを言うのはよろしくない。
「Reduce 25% Carbon Dioxide(二酸化炭素25%削減)」や金融サミットの件なんて、株式市場ではあんまり関係なかった感じがする。

最近は「ドル安」って意識だったのだが、どうも「円高」と扱ったほうがよさそうな雲息。そんなこんなで、「円高メリット株」と誤解されている電力株のようなところを除けば、ほぼ全面安。

日経平均 10,009.52 ▼256.46
TOPIX    902.84 ▼19.83
JASDAQ    49.41 ▼0.33

  • 経営危機が報じられるJAL→公的資金連想売りのパイオニア
  • 大型増資の野村HD→三菱UFJ、三井住友、みずほの3メガバンク、大和証券G
  • 円高→トヨタ・ホンダ・ソニーなどすぐに思い浮かぶところは当然のこと、産業機械のコマツや日立建機、新日鉄にJFE、「海外売り上げ>国内売り上げ」の製薬4社、東レ・旭化成に花王・資生堂まで…なんでも売られてしまった感じ

今日の株式相場は、ただただボロボロです。



今日はこれで終わりとします。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム