★★1435・09/09/24の市況

消費者金融のアイフルが正社員半減のリストラへ
トヨタ自動車は証券事業を東海東京FGへ譲渡へ

けさの日経で印象に残ったのはこの2つ。どちらもリストラである。トヨタの件がどう他に波及するかはわからない。しかし、アイフルの件は店舗閉鎖も含まれるため、地方都市に空きオフィスが増える影響も発生する。

株価だけを見ると景気は持ち直しつつあるように見えるが、街の空気はとてもそんな気配など見えない。大企業しか戻っていないからだ。中小企業や個人のレベルでは厳しいままだ。こんな中小企業・個人の状況はアメリカでも変わらないと、今朝のテレビ東京・モーニングサテライトで言われていた。

低賃金化の影響で、金をかけるわけにも行かず何もできなかったシルバーウィークだった。結局、普段の週末+3日って形で終わった。

とりあえず穏当に、近場を回るか、インターネットとにらめっこするか、テレビを流し見していたというのが実態。事実上何もしていないに等しいので、文字通りの「休み」となり、社畜企業での疲弊感からはかなり解放された。

そんな感じだったので、TVウォッチャーぐらいしか書くことは見当たらない。
こちらも不況感満載だった。

【テレビ東京・モーニングサテライト】
9/28から放送時間が5分伸びる。今朝の番組中で告知されていた。でもこれは5分番組のアニメ「チーズスイートホーム(9/25で終了)」の制作費削減の意味が主眼って感じ。モーサテが5分伸びたところで番組制作費は大差ないだろうから、それで片付いてしまう。

【TBS・8時だよ!全員集合スペシャル】
昨日23日20時から23時に放送されていた「8時だよ!全員集合」の特番は、大部分が過去のビデオを再編集して送出しているだけ。その他は、短いコメントをタレント各位に言わせたやつを挿入しただけだった。過去の財産、それも四半世紀を超えたようなもので放送枠を埋めていたに過ぎない。制作費削減の意図は十分理解できるが…
TBSはときどき、夕方17時台の水戸黄門再放送が一日の最高視聴率という情けない事態に陥ることがある。水戸黄門も過去の遺産だ。赤坂の再開発にしたって諸先輩の遺産をカネにしているだけ。いま作られているコンテンツって???

【フジテレビ・救命病棟24時】
火曜日21時に放送されていたフジテレビ「救命病棟24時」では、来年1月にDVD発売、フジテレビオンデマンドの配信…と23時過ぎの番組終了時に告知されていた。こちらは制作費削減の意図は読み取れなかったが、その代わりにソフト・版権を売って金を稼ごうって意図が読み取れてしまった。年末にスペシャル版が放送されることが告知されていたが、これにしたってDVD販促の意味があるのは明らかだ。もっとも、それができるドラマであったのは間違いありませんが。

<テレビ視聴率>「救命病棟24時」最終回は関東19.3% 関西では20.2%
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090924-00000004-maiall-ent

とにかく、金がないから費用を削れ、DVD販売やレンタルで収益が見込めるやつは商売しろ…そんな流れがテレビ番組を通じてでも読み取れたシルバーウィークでした。

P.S.
そういえば8月の総選挙期間中に「自民党」のCMが【救命病棟24時】の番組中に流されていたのを思い出した。今にして思えば、それは「JT(日本たばこ産業)」のCM枠を「自民党」に譲渡していたものだった。自民党も民主党も、政党CMはスポット広告ばかりだったはずなので違和感満載。詮索しようと思えばできなくはないが、恐ろしいものを感じてしまったとだけ書いておきます。同番組スポンサーのNTTドコモよりも、JTの方が政治的な圧力に弱いのは間違いないでしょうから。
それから、医療ドラマにJTがCMを打つって、「タバコ排除」をさせないためにやったようなものとしか思えない。【救命病棟24時】の中で、タバコに関する画像は一切なかったが、やろうと思えば禁煙推進につながる脚本ぐらい作れたはずなのである。
まるで一時期の日榮(現・ロプロ)やイトマン(倒産後、住金物産に吸収合併される)が報道系の番組(サンデープロジェクト、報道特集など)にコマーシャルを打ちまくって報道規制を掛けていたのと似たものを感じてしまいます。

◇ ◇ ◇

きょうの東京株式は、半導体関連を中心に高くなったとするのが一番妥当な線と落ち着いた。
それから、5連休で投資家に考えさせる時間を与えた形になったので、電力とか、エコナの花王とか、自動車のスズキみたいな、とりあえず出遅れているように見えるところが買われる形になったようです。

日経平均 10,529.09 △158.55
TOPIX    949.93 △10.49
JASDAQ    49.98 △0.05

リコー(1373△41)の寄り付き前気配でストップ高になっていたのは理解に苦しんだが、キヤノン(3730△50)が寄り付きのマイナスから切り返したり、ニコン(1697△46)が高く推移したり、アドバンテスト(2490△65)やディスコ(6090△380)や東京エレクトロン(5900△320)が高かったりと、半導体製造装置系が強かった。また半導体を作るために必須な超純水装置の栗田工業(3190△230)、シリコンの信越化学(6000△240)や京セラあたりも。
しかし、半導体関連を並べてみると他の事に解釈できてしまうから性質が悪い。

信越化学や京セラがドカンと上がっているのを見て、「2020年のCO2削減が1990年比で25%と鳩山由紀夫が国連でぶち上げたのが効いたのか?」とか、日経平均寄与度が高いやつを持ち上げたのかとも思ったが、そうでもなかった。鳩山CO2演説を根拠に栗田工業は?と思い見てみたらドカンと上がっていたので「鳩山演説相場」と思いそうになったが、太陽電池関連のシャープ(1058▼3)や三洋電機(237▼9)は違う値動きだった。日経寄与度の意味で連想したファナック(8230△280)も上がっていたが、KDDI(5660△60)やホンダ(2875△45)は大引けでブン投げられただけ。

結局、ムリヤリ集約すると、「半導体関連を中心に」とまとめるしかない形に。

日経新聞の目線はどうしても大企業中心となっているのがわかる。株の話をすると余計にその傾向が強くなってしまう。しかし、その大企業の景況感が戻りつつあるとは言っても我が暮らしは底を這ったままです。自分の実感とは切り離してやらないといけない。それを身にしみるこのごろです。

今日はこれで終わりとします。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム