★★1414・09/09/11の市況

今日は2001年のニューヨーク・ワールドトレードセンターに航空機を突っ込ませたテロが起きてから8年が経過した日。当時、ニュースステーションでこの映像を見て唖然としたのを覚えている。

「9.11」の10日前には、新宿・歌舞伎町のキャバクラ入居ビルが放火されて44人が亡くなっていた。後に焼け跡のビルの前に行ったとき、そのビルは大きくなかったので、「こんな狭いところで…」と思ったものだった。
この10日の間に北海道に旅行に行っていたのだが、ススキノの風俗ビルを見て、ビルを覆う看板とか、窓の外に板を貼り付けていたのを見て大丈夫かいなと思ったのを思い出した。当時は被害者の氏名が新聞公表されていたので、被害にあってしまったキャバ嬢の本名もしっかりと公表されていた。新聞やテレビでは「飲食店店員」とされてましたが…。今ではこうした店での被害者については個人情報保護とかで氏名公表はされないはずなので、時代が変わったことを感じてしまいます。

HP(ヒューレット・パッカード)とコンパックが合併するって事が明らかになったのは北海道ににいたときのことだった。HBCラジオかSTVラジオかは忘れたが、この手の話とは縁遠いはずの昼間のワイド番組でまで取り上げられていた。

そんな8年前のことを思い出してしまいました。

10日、下野新聞が配信した記事に、自殺予防のための電話受付窓口の記事で以下の言葉があった事が記されていた。

「死にたくないが、死ぬしかない」
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20090909/203690

生活苦で生きる術を失ってしまった人が漏らした言葉。生きていれば何とかなるって世間では軽々しく言うのが常だ。しかし自助努力の手段が尽き、救いの手も絶たれているに等しかったりすると、こう結論付けてしまうのは無理からぬ話だ。



日本では自己責任を取らせる圧力が強いのに、セーフティネットとか、再チャレンジとかの手段は極めて乏しい。そんな現実が「死ぬしかない」と言わしめることにつながっているのである。

◇ ◇ ◇



きょうは気分が乗らなかったので株には参戦せず。ニューヨークがどうよ、って論理は最近の株式市場には通用しなくなってきている。東京株式も方向感がない。
景気の実感・将来の期待と、株価の動きの間に乖離が酷すぎる。

日経平均 10,444.33 ▼69.34
TOPIX    950.41 ▼8.08
JASDAQ    50.32 △0.06

なんとなく、一部企業の業績だけが回復して、その周りには悲惨な生活をさせられている人がうずたかく集まってしまっている感じがする。やりきれない。

今日はこれで終わりとします。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム