★★1395最近目に付いてしまう「貧困」について

きょう、葛飾区で「5月に会社をリストラされ、仕事が見つからず、むしゃくしゃしてやった。10件ぐらい放火した」無職の男が逮捕された。

「リストラされ10件やった」=ごみ箱放火容疑で男再逮捕-警視庁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090827-00000060-jij-soci

犯人は42歳だ。新たに職を求めようとしても、今はなかなか見つからない。「仕事が見つからず」となっているが、実際には「カネが底を尽きてきて」と言い換えた方がいい。たいていの人は、失業してもすぐにカネが尽きるわけではないので、生活がすぐに困窮するわけではないがそう長くは続かない。

この男もそんな一人だったのだろう。

◇ ◇ ◇

アメリカでは7月の新築住宅着工件数が6月比で9%増えたのだとか。
単純に考えればいい傾向といえるんだろうが、ホンマかいなって所だ。

「クリスマス消費」みたいな季節性向みたいなやつはないのか? 6月より日数は1日多いぞ! 初回の住宅取得者に減税効果が出ているようだが、それだけだろ…。

その一方で、なんとなくではあるが、日本のバブル崩壊後に「住宅取得減税」「ゆとりローン」みたいなものを打ち出したのと似ている気がしてくる。要するに、家を買ってはならないような所得水準の人にまで家を買わせてしまうだけのような気がしてしまう。

日本のバブルに学んで米国政府が財政支援をしているのは事実だが、皮肉にも日本のバブル後始末の失策まで真似しようとしている形だ。

学ばれる日本では、相変わらず縮小経済が続いている。きのうはトヨタ自動車が生産設備を削減するニュースが流れていたが、今日は三越が社員の約5分の1にあたる1000人に希望退職募集のニュースが流れていた。

バブル以降、AO入試やら大学院の拡充みたいな奴で就業年齢を引き上げ、既存労働者の失業者を出すことを防いできたのだが、そろそろそれも限界が見えてきてしまった。

いまはまだ、親が経済的な子供の進学を諦めさせる絶対数が多くないので、大学や専門学校への進学率が高いままだが、この先は経済的な理由で諦めさせる比率が上がってしまう事必至。当然失業率にも跳ね返ってくるとともに、大学や専門学校に破たんするところも出てくることになる。

要するに縮小スパイラルは当面止まらないだろうって事だ。
職にあぶれたら、立ち直る事はきわめて難しい。

宝くじで200億円あて、そのカネで余生を過ごす。イタリアやアメリカで相次いで起きたことしか夢がないのかも…と思えてきてしまう。
「ロト6で3億2千万円当てた男」が2006年に本を出し、テレビドラマになったのが去年だ。この国でまともな暮らしをしようとすると、ラインから外されないか、こんな一攫千金を得る以外に手段はないのかもしれない。お先真っ暗だ。



そんなことを書いていたら、中高年の万引き激増の話が。警視庁の調査で傾向も言われている。警視庁の調査結果を額面通り読んでしまうと、違和感を感じるのでこれはスルーする。
「困窮」「やや困窮」の状況で食い詰めて止む無くとなってしまうと、犯罪を犯すのと自分の身を守るのとどっちが大切なんだと思えてきてしまう。いざとなったら、ゴミ袋の残飯をあさるのも、万引きするのも区別するわけには行かなくなってしまうのだ。

きのうメンタルヘルスの掲示板を見ていた。精神的に参ってしまい、長く仕事についていない人も沢山いる。そんな人の再就職についてのカキコを見ていた。
こんなところにも縮小経済の悪影響が出ている。

精神的に参ってしまっているので、複雑な仕事は出来ない。そこで、倉庫の仕分けとか、軽作業などの職に就くことが多いのだが、その口は激減してしまっている。おまけに、職にあぶれた人がどんどん上から降ってくるので、余計に仕事の口はなくなっているのだ。

晴海や豊洲の方向を見ると、家族向けと思われる超高層のマンションが乱立している。しかし、そんなところには縁遠く、ネットカフェやカプセルホテルに寝泊りして雨露をしのぐホームレス同然の人も依然として多数いる。仕事がなくなり、カネがなくなり、住む所を追われている人は相変わらず多数いる事に間違いはないのだ。

厳重な警備が施された豪邸があるそばで、犯罪に手を染めないと生きていけない世界。そんな忌々しい世界に、日本は変わりつつあります。

尊厳を捨て、軽犯罪を犯して刑務所志願する人が散見されるのも、貧困問題とするしかありません。

雇用促進住宅なんて、普通の賃貸アパートの1K程度のものはいらない。都営住宅の家族仕様のやつを増やす必要はない。このあたりは民間と競争になってしまうからだ。その代わり、1坪とか2坪とかの安価なアパートを都道府県や自治体に作っていただきたい。こういったやつは採算面から民間では手を出さないため、貧困者が住むところが著しく不足してしまっている。この結果、ホームレスを余儀なくされるような人もいるのだ。単身者に必ずしも10平米以上の部屋が必要なわけじゃない。

「自殺No」といいながら社会的殺人の犠牲者が増えている、やがて「先進国だった」といわれるであろう日本の実態を、ブラック企業から社畜企業に成り下がったオフィスの一角で、怨念とともに感じる次第です。企業内での殺人事件、多発するに違いないでしょう。実際に刃は向けなくても、体調が悪くて発熱したら意識的に出社する人、多数出るでしょうね。
幸せな人を不幸に陥らせる手段は何でもいい。自分に刑罰が下らなければなおよし。そんな殺伐とした空気が支配している。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム