29日の寄り

薄商いなのに株高。ヘッジファンドのせいだ。
日経の景気報道には辟易していたのがここ2・3ヶ月だったが、やっとまともな雰囲気になってきた。

とにもかくにも、日本の景気なんて回復はしていない。強すぎる不景気風は止まる気配もない。父子家庭も、母子家庭も、派遣切り以降の中高年も、非正規公務員も、闘病休暇で職を失った人も・・・貧困の波がまだまだ高くなってきている。
人口が減少に転じている日本で経済が良くなることは難しいので、底を打ったまま横ばいの状況になっているだけだ。今の水準では耐えられない企業が多数あるわけだが、倒れきったとはとても思えない。まだまだ倒れ続けるのだろう。

サブプライムローンがなければプラスになることが怪しかったアメリカは、そのバブル状態がぶっ飛んでしまえば底を這わざるを得ない。サブプライムがあらゆる形で効いていたヨーロッパも、それがなければヨコヨコだったはずで、恩恵がなくなってしまえば底を這って当然。バブル水準で持っていたところが倒れ続けるのは当然の話。

その一方、中国やインドは、ベースが経済成長率プラスだったので、底打ちとともにプラスに戻ったとするのが正しい。

結局、経済成長になっているのはBICぐらい。

実需がないのに株価だけが上がった。ニューヨークも東京も。
一般論では下げのタイミングなのだが、中国・インドが邪魔をするのは間違いがない。
いまの株価の動きは中国・インドに引っ張られるだけなのだが、その傾向はまだ続く。
悩ましい。

悩ましすぎて、酒井若菜とビビル大木が熱愛で、ビビル大木とテレ朝の大木アナがハトコだなんてどうでもいいことを書いてしまう始末だ。
何にも書いてない形だが、これで終わりにします。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム