高崎から渋谷までグリーン車に乗ってみた

高崎駅から恵比寿駅まで、湘南新宿ラインに乗った。
高崎から都内までは、上越新幹線を使われる人が多いと思うが、急いで移動する必要もないほか、特急料金も発生しないからである。



高崎→上野の所要時間は以下の通り。

新幹線:44分
高崎線:1時間50分~2時間

一方、運賃(1890円)以外に、新幹線では特急料金2400円(自由席を使った場合)が発生する。

要は、特急料金を払わないために湘南新宿ラインを使った形である。また、目的地は山手線の西側だったので、東北新幹線を降りてからの山手線乗車が面倒くさかったこともあった。

ただ、湘南新宿ラインは、他の車両同様、ロングシート化されてしまっているので、2時間も座り続けるのは辛い。

そこで、グリーン車を使うことにした。
グリーン席料金は、駅で買ったら950円、車内でなら1000円である。

高崎から都内までは、1時間強余計にかかるものの、新幹線の特急料金よりは安いからだ。

高崎駅を出発する前、グリーン車の車内を撮影してみた。
新幹線や、一般的な特急・急行と同じく、一人ずつ座れるようになっている。

写真撮影しなかったが、各席にトレイが用意されている。カップホルダー用の穴付き。

実際、高崎駅を出発すると、乗客の中に飲食をしだす人が続出した。
座席の構造から、特別驚けなかった。
ロングシートの一般車両では、飲食はご法度だが、グリーン車は一人ずつ座席がある上、テーブルもあるので、飲食する人は普通にいても不思議ではない。

実際、グリーンアテンダントがやってきて、検札とあわせて車内販売も行っていた。
車内販売は、移動式のキャビンは使わず、片手で持てる程度のバックを使っていた。2階建ての車両構造から、ワゴンの移動が無理であるためだろう。

グリーン車に乗ったとするより、"急行"湘南新宿ラインに乗った感じだった。



新幹線を使わずに、グリーン車を使って安くゆったり移動する。
これは応用が利く。宇都宮、小田原、沼津と都内、またはその途中の間を移動するときに有効だ。

新幹線よりは時間を要するものの、新幹線自由席より安上がりである。また、新幹線の駅がないところでは乗り換えも少なくて済む。

グリーン車は「お高い」ってイメージがあったが、使い方によっては安上がりで済むことが分かった。古河=鎌倉、深谷=茅ヶ崎など、使える区間も多数ある。いいものを見つけた形となりました。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム