09/05/27の市況

副業解禁が企業存続の致命傷になるかも

朝書くと宣言した奴は、文量が多くなってしまったので、別立てにしました。

日本では、優秀な人ほど大企業に向かう傾向が長く続いたが、米国では非常識そのもの。ビルゲイツがハーバード大学を中退してマイクロソフトを興したなんていうのはこの典型例だ。

日本では、それをやろうとすると潰しにかかる奴が多すぎるのは考え物だ。ホリエモンの一件がその典型。粉飾決算をライブドアでやってしまったのはマズかったのだが、出る杭は打て式にマスコミなどがバッシングをしまくったのはいかがなものだったか。

※ニッポン放送株をライブドアに大量に握られて、子会社のフジテレビ(当時)が企業防衛キャンペーンをテレビ番組などで打ちまくったのは、「出る杭は打て」とは異質であることはお断りしておきます。あの行動だけは「マスコミ」の行動でないものと考えないとミスリードの形になるので誤解のないように。

日本の今の社会って、一度レールを外れると挽回が極めて難しい社会だ。35歳を過ぎて絶望的状況に追い込まれると、一部に例外はあるとはいえ、ほぼ挽回不可能な構造になってしまっている。そうなれば、レールにしがみつこうとするはず。窓際族なんてやつが厳然としてあるのは、こんな社会構造の裏の一面でしかありません。

本来ならこんな社会構造を壊さないといけないんですが、民主主義という名の数の論理が邪魔をしている。

事業を興したりするとなると、地縁や人脈が必要となる事が多いので誰もができるわけではないが、インターネット証券とかFXなど低い手数料の金融取引はそんな敷居は低い。
副業とはっきり明示してまでやらなくても、この程度のことをやる人はたくさんいます。ある程度の要領さえつかめば、リスクはあるものの収益が上がる可能性は高いんですから。

東芝、富士通、日産自動車、三菱自動車など副業を認めている会社では、やがて「正副逆転」による退社が相次ぐに違いありません。表面的には認めていない会社でも「正副逆転」による退社は相次ぐでしょう。アナウンサーなどのように、退職後も会社と関係をもたなければならないところは除くが、「正副逆転」で退職する人の多くは、円満退職と同時にアンチに変わるでしょう。そんな人たちは脱サラ棋士のように関係を残す、そんな屈辱的真似なんて決してしません。

キヤノン、トヨタ、いすゞなどであった派遣切りの怨念と似たようなもの、パナソニック、NEC、パイオニア、三菱ふそうトラック・バスなどでの工場集約による半退職強制と似たような怨念が、「正副逆転」で退職する人、退職しようとしている人に生まれている事は容易に想像できる事です。

◇ ◇ ◇

きょうの東京株式は、最近続いた先物に振り回される形は影を潜めたものの、奇妙なほど動かない相場。結局、ニューヨークがドカンと上げた事を受けて高く始まった後は、株価指数では奇妙なほど動きがとれない形に終始していた。
自分は場中のキヤノン程度しか確認していない(できない)が、上値にも下値にも分厚い板(指値買いと指値売り)が張り付いていて、値動きができないような格好になってしまっていた。(終値は3170unch)
引け前にはドコモに140900での大量の指値買い注文が(大引けは140700▼1400)。

株を買い集めたいのか、それとも処分売りをしているのか・・・わからん。

日経平均  9,438.77 △127.96
TOPIX     892.85 △9.08
JASDAQ     43.44 △0.50

きょうも、ネタ切れの様相が続きます。定時にオフィスを追い出され、安月給の身なのでなす術もない。昨日は図書館で油を売ったが、きょうはなす術もなくとっとと帰宅。
ワークタイムバランスという美名は、成果主義とか、能力主義とかと本質は一緒。要するに賃金を払わねえって事。やってられない。
夕方の通勤電車は、きょうもオフィスを追い出された会社員で込み合っています。賃下げでなす術もないので、まっすぐ帰宅。拘束時間が少ないので、肉体的疲労は確実に少ないはずだが、帰宅する乗客には虚無感すら感じてしまう。金銭的には間違いなく辛い。精神的にも辛い方が多いのでしょうか・・・

きょうはこんなところで終わりとします。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム