★★1210・09/05/14の市況

草なぎ剛、28日に復帰へ。テレビ画像の復帰は29日の笑っていいとも!という事になる。笑っていいとものレギュラー欄には、事件以来抹消されていた彼の名前が戻されていた。
公然わいせつ逮捕で騒がれた件は各所でさんざん書かれているので、いまさら書く気になんてなれないので省略します。

「状況が許せば…」の条件付きではあるが、差し止められているCMも徐々に復活してくるに違いない。「ヤマキ」「トヨタレンタカー」「資生堂」「NTT」あたりは一定期間ノーギャラのペナルティ付きで復活させるに違いない。また、『最低の人間だ』とやってしまった大臣がいる総務省ではさすがに復活させないだろう…と言いたい所だが、総選挙で与野党逆転が起きてしまえば復活の公算大だ。

民主党が政権をとった場合、自公政権の否定には草なぎ剛を地デジCMに復活させるのが費用対効果の意味で大きいからだ。こんどの民主党代表が鳩山由紀夫ならばやりにくそうだが、岡田克也ならば遠慮しないだろう。草なぎを復活させれば、確実にSMAPファンを民主党支持者に取りこめる。

草なぎ剛の扱いが政治に利用されるなんて思いたくないが、ポピュリズムの観点で考えると、こんなことまで頭をよぎってしまう。それにしたって、たかが全裸…の割りには事が大きくなりすぎましたね。

草なぎ剛の一件は「たかがそれっぽっちのことで騒ぎすぎ」の感が強いが自殺者の原因・動機で「失業」「就職失敗」「生活苦」「事業不振」の増加が著しい事は、大事です。大不況のあおりをモロに受けているものとして見なければなりません。

時事通信の集計項目と数字が目立つ記事は、単なる事実と見ておけばいい。自殺の原因から「失業」「生活苦」「就職失敗」「事業不振」をクローズアップした日経のもののほうが理解しやすい。読売のものは日経のものを長く書いていた感じだった。毎日のやつはコメントを載せ過ぎていて、核心を突くものがあったものの散漫になりがち。

この件、毎日新聞にあったコメントの一部は、中高年男性の自殺の本質をずばり突いていたので、文脈が不自然にならないよう修正を施したものを引用します。

中高年世代の男性は、正社員として就職しても転職に失敗するなど一度つまずくと、別の選択肢を探せないことが多い。「ワークシェアリングやワークライフバランスの手前に、給料が減り暮らしていけない現実がある。自殺の根がそこにある」
(山田昌弘・中央大教授)

◇ ◇ ◇

きょうの東京株式は、昨日のニューヨーク株式が「米国債格下げか?」の話に「4月の小売売上高減少」が加わって下げた影響があった上に、ドル安・ユーロ安(→円高)まで重なって外需比率の高い銘柄と、金融関連の下げがイヤでも目立つ形になってしまった。円高で上がるはずの電力株も、昨日ドカンと上げたあとだけに、さすがに下げてしまった。

その逆を行くのは、連結決算利益がトップに"なってしまった"NTT。全面安の展開で突破口をムリヤリ探していったら、NTTに矛先を向ける以外になかったと考えるしかなさそうです。しかし、NTTは寄り天であったことは否めない(3990で寄り付き後、すぐに4110まで跳ね上がる(09:08)。しかしその後は売りが徐々に出て大引けは3960△70)。
NTT連結決算利益の大部分を占めるNTTドコモはNTTに釣られる形で高くなった感じだが、決算が出て久しいので場中は高かったものの、大引けでは小安く終わってしまった(140600▼400)。NTTグループでも「電話」を生業としないNTT都市開発(81300▼3500)、NTTデータ(263000▼3900)は寄付きからマイナス圏を進んだまま大引けとなった。

"なってしまった"を強調するわけ、わかりますよね。

日経平均  9,093.73 ▼246.76
TOPIX     862.66 ▼26.09
JASDAQ     41.95 ▼0.06

きょうは、昨日のJPモルガン証券のニコンへの格上げにムカつかざるを得ません。昨日出たニコンの決算では、予想の範疇だったとはいえ、今期の営業赤字予想が出されています。きょうの下げは、全体の下げに倣って下げる分には仕方がないのですが、じゃあ「昨日のJPモルガンの目標株価引き上げ(1000→1800)」は何だったんだとなってしまう。一昨日ときょうの終値を比べると、キヤノンやリコーと比べても違和感がないのでなおのこととなってしまう。

オリンパス、シチズンは一昨日発表された決算を根拠に昨日上昇したのは理解できるが、ニコンの決算発表は格上げされたあとの昨日の場が終了した後。

結局、JPモルガンのニコン売り逃げのために目標株価引き上げをやったのか(怒)と勘ぐらざるを得なくなりました。

【12-14日の終値】
(13日が怪しい値動きのニコン)
ニコン   1439→1480→1356
(普通の動きに近いところ)
キヤノン  3370→3310→3150
リコー   1314→1286→1229
HOYA    1714→1687→1722
(13日の上げに理解できるところ)
オリンパス 1732→1943→1832
シチズン  470→513→510

この手の格付け疑惑は、依然として散見されるように思えてなりません。しかし、零細投資家の身では、こんな事も頭に入れて取引しなければならないんだと、考えさせられる一件でした。

きょうはこんなところで終わりとします。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム