★★1141・09/04/09の市況

パワーポイント(PowerPoint)の資料を投影しながら肩書のご立派な方が弁を打つ。世を忍ぶオフィスで期初の総会が行われた。

不景気なご時世であることから、売り上げ確保とコスト削減の話が目に付いた。「知恵を出し汗を出し」なんて根性論の文面まで登場したのには辟易したが、内部の人向けにはこんなものでしょう。

工場のラインでは「ライン休止」「稼動時間短縮」等が昨年以来継続している話が出てきた。工場のお偉方は「売りまくって、工場で生産が間に合わないようにしてくれ」みたいなことを言っていたが、残念ながらその製品は世間の概念をぶち壊すようなものではないため、爆発的に売り上げを伸ばす状況はほとんど考えられません。もし、爆発的売上増加があったとしても、ライバル会社に何らかの災害が合った場合に限られてしまうため、現実的でありません。

しっかし、プレゼン資料に出る言葉では、言葉のパクリが目立つ事目立つ事。外部向けにこれをやったら、確実に訴えられるに違いありません。

麻生太郎首相が2009年の年頭会見で
『悲観主義は気分によるものであり、楽観主義は意志によるものである』
とフランスの哲学者アランが書いた『幸福論』の一節を言った事を流用し、そのままPowerPointに貼り付けられた。しかし、プレゼンでは「首相が言った」ことは言っていても、「首相が仏哲学者の言葉を引用した」旨までは皆目触れられる機会はなかった。
言葉を見た瞬間は、首相の年頭会見のことは一切知らなかったので、「悲観主義は気分」については納得したものの、「楽観主義は意志」には「違うだろ」と思ってしまったのが現実でした。
あとで調べたところ、この麻生発言に対して空疎だとのコメントが出まくったらしいことがわかった。きょうのこの言葉が入っていたプレゼンも空疎だった。

「今そこにある危機」
これは明らかなパクリだと分かった。しかし、自分の頭に浮かんだのは、経済誌とかオピニオン誌にあるタイトルだった。
しかし、実際は1994年に公開されたハリソンフォード主演の映画だった。

「戦いは現場で起きている」
これは、踊る大捜査線の有名なセリフ
「事件は会議室で起きてるんじゃない、現場で起きているんだ!」
を流用したもの。

受け狙いをやるのはいいんですけど、中途半端にやっては逆効果になってしまいます。
気を付けなくては。

◇ ◇ ◇

今日の東京株式市況は、昨日の下げを完全に否定する形になったのがTOPIXや日経平均の動きから分かった。「健全性審査(ストレステスト)に米金融19行がすべて合格する」「株式買い取りに50兆円の政府保証枠を設定する」なんて報道でドカンと上げた格好に。

しかし、どうしても上値に追いついていくために、電力・ガス株といった、どちらかというと値動きが少ないところを換金した動きもあった感じ。

日経平均  8,916.06 △321.05
TOPIX     841.81 △26.55
JASDAQ     41.75 △0.46

それにしても、今は株価だけが上がっているようにしか見えない。ここのところこればっかり書いているので、新味がありませんね。
結局、不景気ネタに食傷気味になったから、底打ちネタに飛びついているだけに過ぎないんでしょうね。3月前半までは不景気話のオンパレードで、それ以降はマスコミでは底打ち話のオンパレード。10月と2月の下げはオーバーシュートの感を否定しないものの、今の上げ方もオーバーシュートだと思います。くれぐれもだまされないようお願いします。

◇ ◇ ◇

大前研一氏が日経BPに寄稿しているコラムを最後に紹介します。

ここのところ、世界中で財政出動が相次いでいる。そのことが景気刺激期待→株価の上昇になっているのだが、「大怪我をして体調が著しく悪い人に腕立て伏せをやらせようとするのと一緒である」と大前氏が書くのに同調する。アメリカの財政赤字がGDP比13%に跳ね上がる財政出動、FRBも似た動き、米国債を買い続ける日本・中国。
何か狂っている。

「おまえもか!」と非難したくなる世界の経済対策
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/a/177/?bzb_pt=0

この件は、ぜひともお読み下さい。財政破たんがハイパーインフレを呼び起こすというのに、わざわざそれに近づこうとしているのですから。

今日はこんなところでカキコを終わりとします。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム