やっと片付く、唐崎、大津京、大津市内JR湖西線の駅

雄琴、比叡山坂本駅と行ったら、時間は16時30分を回ってしまった。

もう、京都駅前のレンタカー営業所に向かうだけだ…

とはいえ、20時まで借りる形であるので、そんなに慌てることはなかった。
比叡山坂本駅から京都駅まで向かうには、西大津バイパス、国道1号で京都市街に入り…とコースを取るのが一般的と思うが、そのコースは取らず、JR湖西線の残りの駅に向かうコースを取った。





唐崎駅
比叡山坂本駅のすぐ横には、湖西線と並行する形で西大津バイパスが走っている。
そこで、西大津バイパスを南下し、湖西線と分かれてしばらく行ったあと、カーナビの指示に従い高架を下り、唐崎駅前にたどり着いた形だ。



マキノから点々と、湖西線の駅を見てきたので書けるのであるが、「湖西線の駅」を踏襲していた感じ。
他の駅と大きく変わるところもない。文字盤も見慣れた書体、駅前広場の雰囲気も見慣れたパターン…
そんなことで、ほとんど記憶に残っていない。

大津京駅
唐崎駅前を後にしたあと、移動してここにやってきた形。
17時頃、駅前ロータリーにたどり着いた。
ロータリー奥の、ファミリーマート(大津京駅前店)前に車を停めた。

マキノから唐崎まで、駅前にしては殺風景な感じを否めないところばかりを見てきてしまった形だったが、ここは明らかに違った。
それでも、市の中心/交通の要所ってレベルからは程遠いことは否めないが。

駅の印象は、不動産業者による建売マンションばかりが並んでいる…それだけ。

ファミマのあたりに、近くの女子高生らしき人が点々と。
この日は金曜日だったので、17時過ぎだからそんなもんだ。下校途中なんだな。

この項を書くために、地図を見たところ、どうも滋賀県立大津商業高校の生徒らしいと分かる。ここから、湖西線に乗って北に向かうんだな…

※逆方向の山科駅に向かう者がいないとは言いきれない。京都府なので滋賀県立高校の生徒が帰宅で向かうはずがないとしたいところだが、大津市藤尾地区に限れば最寄駅は山科駅。
それから、草津・守山など湖東方向に向かう者は、徒歩で東海道線大津駅まで行くはず。


ある程度の駅前には、忌々しい守銭奴「みどりのクソジジイ」が現れるため、冷や冷やものであったが、ロータリーを歩いて移動し、駅の入り口あたりまで出て、写真を撮った。






それまで見てきた湖西線の駅の中で、規模は最大だった。だが「大津京」なんて名前は記憶になかったので、最近新設されたのかと勘違いしてしまった。
駅名の字体も他の駅とは異なり、JR西日本の標準パターンになっていた。

ちょっと調べて理由が分かることとなった。
大津市の請願によって2008年3月15日、「西大津」から名称変更になったとの事。
だから、湖西線スタイルの文字盤がなかったというだけ。きわめて単純な理由だった。

あまりネタらしいネタもない、唐崎・大津京駅でした。
これで湖西線の駅としてはおしまい。
次に山科駅を載せるが、湖西線と言うより東海道線とした方がいい。目に見えて駅の雰囲気も違う。





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム