京都郊外住宅地のイメージが出てきた和邇駅・小野駅と、そんなの関係ない浮御堂

2011年9月16日に、琵琶湖西岸を辿って、旧志賀町の大津市北部、北小松駅、志賀駅に行った時は何とも思わなかったが、今として思うと、
「期待していたほど住宅開発が広がらず、収縮方向に向かい始めてしまったので過剰投資に終わってしまった」
厳しい夢の跡と分かってしまう。

そんなところにも進出してくる業者はいるものでして…
「アパートを建てると、賃料で儲かるから建設業者として進出しましょう」って動きは古くからある。
だが、最近では「賃料で儲かるから」と机上の空論で地主を騙し、施工による利益が主で、入居者募集などそれなり…なんて主客転倒な悪徳業者がいるからいやらしい。

「軽トラックを買わせ運送業を委託するが顧客開拓は本人任せ」の構図に似ているとも言えてしまう。
JR中央西線大曽根駅前ビルでの名古屋立てこもり放火事件(03/09/16)を思い出さざるを得ない。

東京の目黒や中野など人気のエリアではその名前は新聞紙やテレビ画面でしか見ないのに、ちょっと離れた所に行くとブラック企業の名前が刷り込まれた幟が。
名古屋駅周辺の中村区や中川区では見なくても、桑名市に行ったらゴロゴロ…
大阪でも梅田・新大阪・豊中・吹田にはない。
そのパターンが滋賀県内でも広く展開されていた。評判が悪いところなので、好立地の場所には進出できへんってことじゃないの???

この手の悪しきパターンも、京阪神に近くなるにつれ消えてきた。
ここでは、縮小が始まってしまった日本の痛みを見ないで済むエリアの写真です。





【和邇駅】




ここはいわゆる新興住宅地のたたずまいである。
駅そのものにはこれと言った記憶なし。
それより、坂を上ったところにある旧家のことが記憶に残る形だ。

旧家の隣には郵便局(和邇局)があるが、局長さんは旧家の方だとか。
古くは、郵政省が各地の名家に郵便局の設置をお願いしていた。その頃の名残と考えられる。
郵便局の方に伺ったら、以前も旧家の写真を撮られた人がいたのだとか。
いい感じだった。

【小野駅】


この日は雲行きが怪しい日だったのであるが、小野駅に着いた頃はかなり怪しい感じとなってしまっていた。
それでも雨は落ちていなかったので、外に長くいても問題はなかった。

駅前に不動産屋、京都信用金庫があって、いかにも不動産開発業者がこさえたような駅だった。
調べたら「京阪電鉄が開発したびわこローズタウン」「京阪電鉄の全額負担で設置された請願駅」「1988年12月に開業」なんだとか。

本来なら、京阪沿線に住宅開発を図るべきなのだろうが、開発した当時、京阪沿線にそんな余地はなかったので、京阪の守備範囲である大津方面に手を伸ばしたと言う事だろう。

浮御堂





和邇駅、小野駅と来たので、次は堅田駅だろうと考えるのが筋だ。だが、堅田駅には行かずじまい。
雨が降り出してきてしまったこともあってgdgdになってしまった。

どう間違ったのか、東洋紡の工場横を通り、浮御堂に行ってしまった。
ご覧頂ける通り、いい門構えである。しかし拝観料300円。
300円では高いと思ったので、門左手の道を少し歩き、フェンス越しに見える浮御堂の姿を拝むのみでおしまい。
道の突き当りから見て、浮御堂は少し右手にある。
これだけでは癪なので、左手に掛かる琵琶湖大橋有料道路の写真も撮った。

この次は、一部の人には「西日本の雄」と見られる雄琴です。
雄琴の項は鉄道から逸脱…お姐さんがどうよ、嬢はどうよなんてことは触れようもありませんけど。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム