京都山ノ内郵便局辺りで見たチンチン電車・京福電鉄嵐山本線

先日、「そうだ、京都へ行こう」とJR東海のキャッチコピーに乗せられ、京都へ行ってしまった。のぞみを下り、改札口を抜けたら、バブルの残渣設計、万里の長城の京都駅ビルが横たわる。
駅ビルの空洞には巨大なクリスマスツリーが飾られるものの、「雨は夜更け過ぎに雪へと変わるだろう」と山下達郎の、「シンデレラ今、魔法が」と松任谷由実の曲が流れてくるような感傷的な雰囲気は皆無だった。なぜって? 1泊2日の強行軍だったから。感傷に浸る前に終わってしまった。

ここで、今年オールタイムベストアルバムを前後して出した2人を出すのは余談過ぎるが、前後してJR東海のキャンペーンに起用されたので出してしまった。

山下達郎のものは、1983年既発の「クリスマス・イブ」をモチーフに映像を作った。1988-1992。あまりにも有名だ。

松任谷由実ものも、1985年のドキュメンタリー番組『シンデレラ・エクスプレス-48時間の恋人たち-』(TBS)用に書き下ろした曲を、1987・1992年にJR東海がモチーフにして映像を作ったもの。こちらの事情はよくわからなかった。クリスマスに関係あり?と勝手に勘違いしていたが、別に季節は無関係らしい。ユーミン的には「恋人がサンタクロース」があるので十分だ。

ユーミンだタツロウだ、とやってしまうと本線からずれる。
JR東海とは乗り入れようもない、嵐電の写真です。



あまりにも今日的な京都駅を出て、京都の街をくねくねしながら、徐々に北上した。

やがて、三条通に出た。京福電鉄嵐山本線の線路が道の真ん中にある。
路面電車・チンチン電車の線路だ。
その道を東に向かった。あまり期待はしていなかったが、東から電車がやってくるじゃありませんか。そこで、手持ちのコンパクトデジカメで写してみることにした。



手前に見える紫の電車は、嵐山から四条大宮に向かうもの、奥に見えるのは、逆に嵐山へ向かうもの。いい感じに撮れているように見えるかもしれないが、実は失敗作である。
本来なら、もう少し早いタイミングでシャッターが切れていれば、奥に写る緑色の車両と、手前の紫色の車両がいい感じで写る形となったからだ。

それから、この写真は、もともとの写真から一部を切り出したものである。
元の写真では、西の嵐山方面を望む写真になってしまうので趣旨が変わってしまう。





京都山ノ内郵便局の目の前にある、山ノ内停留場に停車したところ。
いわゆるラッピング車両だ。前方のクリーム色の車体は、「八橋検校 井筒八ッ橋」生八ッ橋「夕子」の文字に、生ではない井筒八ッ橋の写真、【http://www.yatsuhashi.co.jp/】のURLなど株式会社井筒八ッ橋本舗の広告が描かれていた。

このあと、西大路三条の交差点まで線路と平行に東に移動した。
ラッピング車両のパターンは、他にもあるらしい。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道の旅
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム