いくら交通の要所とは言え、オーバースペック感が否めない敦賀駅

五木ひろし、阪神タイガースOB会長・川藤幸三の出身地として名をはせるはずが、原発銀座の一角として扱われるように変わってしまった美浜町の美浜原発に、美浜町を経由しないことには決して行けない敦賀市内の「もんじゅ」遠景を見てヘロヘロになってしまったあと、18時過ぎ、日没間近の頃に敦賀駅前にたどり着いた。

ある程度の街では、中心部の主要道は概して幅広いものだが、敦賀も例外ではなかった。ですがねぇ…国道8号から駅前ロータリーまでの駅前通りは何十万都市なのか? と思えてしまうような広さだった。

見栄の張り方が違うんじゃないの???

そんな駅前通りを移動し、駅前ロータリーにやってきた。
人口1万人ほどの(旧)米原町のように、ガランとはしていなかったが、路上駐車ぐらいで文句を言われそうな気配はなかった。緑のクソジジイが現れる気配もなかった。だが、行政とやらのいやらしい区画設定のせいで、全体的には余裕がある感じなのに路上駐車するスペースがほとんどなかった。とはいえ、近くに1時間まで無料の駐車場が用意されていたので、そこに車を移動させた。駐車場そのものがガランとしていたので、駐車切符を切る機械とか、駐車料金の徴収機の設置費用と運営費用の方が、駐車料金収入より多いんでないかい??? と考えざるを得ない雰囲気もあった。

ヘンな感じだ。





そんなこんなの敦賀駅前の写真を並べてみます。



敦賀駅では現在、駅ビルを建設中である。上に伸びたクレーンの巨大さから考えて、どんだけ大きなものを作るんだいと思ったものだ。



駅ビルは「敦賀駅交流施設」と言うらしい。平成25年完成…来年出来上がるんじゃないか。どっちみち北陸新幹線の延伸を見込んで、あらかじめでっかく作っておこうってことらしい。既成事実を作って我田引水…いかにも公務員がやりそうなことだ。
小松駅、福井駅とやっていることがおんなじ。





ロータリーの中から写真を写してみた。
辛うじて日没直前だったので、真っ暗ではない状態で撮れた。

ありがちな巨大銅像…意味があって建てられているのだが、苦笑。
滋賀県内のJR駅前に像が目立ったのに苦笑したが、県が変わってもこれかよ。



北陸線・小浜線に乗る予定はなかったので、改札前で写した形だ。
東京でも京都でも自動改札が当たり前になっている中、ここには昔懐かしい改札があった。タイムスリップしてしまった感じ。
電光掲示板、広告、ノートPC・AEDの配置など今風になっている一方で、改札だけが昔風である。

電光掲示板には「新快速姫路」の表示が…えらく遠くまで行くなと思ってしまった。調べてみたら224km3時間10分も走り続けることに。ポカーンとする以外にない。スルーで乗る者は滅多にいないと思われ。



日没直後の敦賀駅舎。このあと、車を停めた駐車場に戻り、市内のホテルへと移動した。

ふと思い出してしまったのだが、福井県にはミョーなところにチグハグ感を感じざるを得ないのである。例をいくつか挙げてみる。

  • 福井駅ビルに入居するラーメン屋に入ったら、その実態は「ラーメンもやっている居酒屋」だった。なんでラーメン屋で串刺しのつくねなどがあるのよ??? 他県でこんなの見たことないぞ!

  • 「福井県」は県設置そのものに無理がある。北陸トンネルの北・嶺北は石川県の延長で、南・嶺南は関西地方としか思えない。敦賀市で飛び交う方言は関西弁っぽい。小浜市でも同様。

  • 民放テレビ局が2つしかない。福井県の人口で考えれば仕方ないのはわかるが。もし、滋賀県と石川県の状態だったら、こんなことは起きていない。

  • なんで作ってしまったんだろうと考えるしかない福井空港。一時定期便が就航していたらしいが、小松空港に負けてしまった。


長浜止まりだった新快速を、電源を直流に置き換えてまで敦賀まで伸ばさせたのも、やはりチグハグ感が否定できない。オーバースペックな駅前もチグハグだったし、とにかくチグハグ感がポツポツ出現する象徴のひとつ、敦賀駅舎だったのでした。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム