原発マネーが席巻する福井県美浜町だが、駅は普通

もう季節は冬になってしまった。
原子力発電所の運転停止に伴い、原発依存度が半分ほどの関西電力では、営業管内の2府4県に対し、節電要請を行っている。特に18-21時に重点が置かれる形だ。
だが、関東で夏場にあったような、目に見える節電の動きは確認できない。うーん。

まだ30度を超える9月15日に、国道8号・国道27号経由で15時過ぎに福井県美浜町に入ったことを、最高気温が10度台そこそこの12月になってやっと書くのだから、「おせーよ」と思わざるをえないのであるが、手が回らなかったので仕方がない。

かなり記憶が薄くなってしまったので、淡々と触れる形とする以外にない。

小浜線美浜駅」にやってきたというより、「美浜原発のある町の駅」を見た形の、どちらかといえばついでのような写真の並びです。






美浜町役場

敦賀市内から、高速道路のようなご立派なバイパスを経由し、町役場前にやってきた。美浜町市街からちょっと山寄り。田畑を潰して、公共スペースを設置し、その真ん中に町役場を建てたって形だ。

建物の威容を見たとき、数万人の町なのか? と思わされた。
手前の郵便局に車を停め、全景を写した。

この後、庁舎内に入った。町役場なので、人口もきちんと示すものがあった。10千人台だった。え? 人口の割に町役場がご立派なんて、いかにも「美浜原発の交付金」がなしたものとわからされる次第だった。


美浜町生涯学習センター

町役場の隣に建設中。まだ基礎工事の段階だったが、町役場同様立派だと思わされる。どうせこれも原発マネーによるハコモノだろう。



美浜郵便局

こちらは、一応日本郵政の建物なので、原発マネーが入っていないとは思うものの、立派過ぎる。



美浜町役場前の広場から写した、関西電力美浜営業所。ご多分に漏れずご立派。
駅前・国道27号から見ても立派だが、数百メートル南の現地でも立派だ。
駅前市街との間にある田んぼがヘンなのか、関電がヘンなのか…違和感を感じざるを得ない。




町役場前を離れ、美浜駅前にやってきた。町の中心駅とは言え、人口1万人の町にしてはご立派かもしれない。駅の反対側(北側)には民家がなく、田んぼが広がるので、若狭湾の海をはっきりと見ることができる。


関西電力美浜営業所裏手の案内看板

美浜駅を後にし、すぐ近くの美浜営業所へ車で移動した。
小さな町なので、敷地内にお客様駐車場があると思い、27号に面する車入口から敷地に入ったが、駐車場がない! そのまま進んだら、取締役が乗るような黒いお車が止まる裏口前に出てしまったので、守衛さんらしき人に「間違えて入ってしまった」と告げたあと、敷地を抜けた。裏口には写真の看板が建てられていた。

「営業所」となっているが、ここで何を営業するのか…福井県は北陸電力の営業区域であって、関電営業区域外なので疑問だ。営業というより、対原発補償窓口では? 原子力事業本部となっていることには、町内に美浜発電所があるので納得ですが…
この建物がご立派なのは、関電が若狭地区に設ける美浜・高浜・大飯の3つの原子力発電所の安全・安定運転を統括するところであるため。原子力事業本部の中枢ということ。
だから役員級が常駐していて、裏口にはお車が待機していて…

人口1万の町には不釣り合いだが、事業構成的には納得せざるを得ない。

とにかく、複雑な気分になるばかりの関電ビルだった。

このあと、美浜原発、もんじゅを望む一帯に向かうのであるが、真夏ならば海水浴客を迎える白浜と、巨大な原子炉のコントラストは「異様」以外の何物でもなかった。シュールなんて言葉じゃ収まりっこない。
平和な砂浜と、物々しい原子力発電所…落差があり過ぎた。大地震がなくてよかったと思う以外になかった。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム