FC2ブログ

硬券入場券など現在・未来と存在しそうにない西北見停留所、いや駅

氷川きよし、福田こうへいのコンサートチケットは「コンビニ」で発売中…
なんてラジオCMをカーラジオで聞かされながら、はるばる北見まで来てしまった。

それでも、人口集積の関係でHBC・STV・AIR-G・ノースウェーブのラジオ電波が届かないところがポツポツと現れ、「みなさまのNHK」しか聴けないところが現れてしまう。

東京都全域の面積(2190平方キロ)に匹敵してしまう岐阜県高山市(2177平方キロ)ほどではないが、東京都から「町」「村」を除いた総面積(東京23区と全市・1415平方キロ)より広い北見市(1428平方キロ)も、「みなさまのNHK」しか聴けないところが現れてしまう意味では例外ではない。

留辺蘂(るべしべ)町、相内(あいのない)村と、北見市に飲み込まれた難読地名自治体の跡に、足掛け2日で行くこととなった。
留辺蘂、相内、東相内…かつては農作物や木材などを運ぶための貨物駅でもあったし、有人駅でもあったが、今ではそんな面影が朽ちていく途中経過の無人駅(T_T)

東相内駅に行った後、北見市中心部へ戻る方向に向かい、西北見駅に立ち寄ることとなった。

留辺蘂、相内、東相内の3駅と、明らかに雰囲気が違った。
ぱっと見では、とても駅があるなんて気が付かないようなたたずまいなのですから。



JR西北見駅1
西北見駅前の自転車置き場

カーナビに従って、西北見駅の近くまで来た。
ちっとも駅前らしくない!

見渡す限り、戸建ての住宅ばかりだった。
銀行・郵便局・コンビニを含む商店の類が全く見当たらなかった。

古さを感じない、しっかりした自転車置き場の存在では、病院とか公共施設の前としか想像しようがない。

JR西北見駅2

ホームに上がってみた。
単線なので、ホームは1面で十分だ。

ここも無人駅なのだが、駅というより「チンチン電車」の停留所のような雰囲気だ。

この駅ができた経緯を見れば、こんな感じになるしかないとわかってしまう。

1986年11月1日:日本国有鉄道の西北見臨時乗降場として開業
1987年4月1日:国鉄分割民営化により北海道旅客鉄道(JR北海道)に継承。同時に駅昇格

JR西北見駅3
西北見駅の駅名標

駅名標そのものには、まだサビとか朽ち果ての印象はない。
しかし、取り付けている鉄パイプに、ビミョーなペンキのハゲに、赤サビが出たまま補修もされない姿に、コスパの意味で維持が難しいことが現れてしまっている。
石北本線・上川~網走間の2014年度は営業係数327で大赤字だ。
赤字路線の悲しさがこんなところにも現れてしまっている。



郊外に開発された住宅街に、税金を使って停留所が作られたようなのが西北見駅だった。
西北見駅は、このあたりの主要道路・国道39号線からは離れているので、街道沿いにできそうな店舗の類は割に合わないと建ちにくい。



ここからはおまけ。

一般に、無人駅で入場券なんてものは必要がない。
必要がないから、販売もされない。

無人駅の入場券が販売されているとしたら、一種の記念品のようなものとなってしまう。

★★★★★

「愛国=幸福」硬券は、国鉄民営化を直前にした1987年2月1日にラストランを終えた後も、レプリカの形で、販売されている。
その一方、名の無い駅については、最近では何らかの記念のようなものを除くと、硬券は販売されない。
普段発売される入場券はというと、券売機等から出される、熱転写式のものになってしまう。
(近鉄・名鉄・秩父鉄道と一部には例外があるらしいが)平時に硬券を発売する鉄道会社はなくなってしまった。

「相内」駅の硬券入場券…鉄オタへ縁切りに押し付ける意味しか考えられないが、そんなものをわざわざ仕入れる手間すらかけたくないのであり得ない。
「東相内」駅の硬券入場券…同意だ。

ただ、「相内」駅については、一つだけ売り出す意味がある硬券があると気が付いてしまった。

相内 から
愛し野 ゆき
発売当日限り有効
下車前途無効 360円

「愛の無い」から「愛し野」と、愛をはぐくむおめでたい切符と売れるではあーりませんか。
とはいえ、相内駅も愛し野駅も無人駅なので両駅では発売できない。
ええい、JR北見駅のみどりの窓口で売ってみたら?

すでに北見駅みどりの窓口では「愛し野駅」硬券入場券を売っているらしいのだが…

わざわざ書くまでもないが、「愛し野 から 相内 ゆき」では愛が無くなるとなってしまうので、縁起でもない。

★★★★★

その一方、西北見駅にはゲン担ぎにつながるようなものは、何にもない。

それ以外はというと
したがって、とくに硬券が発売でもされない限り、無人駅では入場券など存在しないことになる。

西北見駅の入場券については、2018年現在「JR北海道10周年記念 メモリアルチケットマラソン」でのセット販売しかないらしい。




地図の順列では、石北本線で留辺蘂、相内、東相内、西北見と並べたら、次は北見である。
北見は次に掲載する形とする。

なお、実際の行程では、宿泊したホテルの関係で
留辺蘂、相内、北見、東相内、西北見
の順番だった。西北見駅を後にしてからは、北見の先、網走へと向かって車を東北へ進めたのだった。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム