★★1068「いま隣にある貧困」の再確認

去年3月、中央公論4月号で「いま隣にある貧困」なる記事があったことについて書いていたのを思い出した。「足立区、貧困」のキーワードで検索されている形跡から、探してみてそんなこともあったなって思い出した。改めて見てもキツい内容だった。

箇条書きにしていてきついところはこの2点

  • ホームレスでもネットカフェ難民でも、社会的に排除された存在となっている
  • この国では、一旦ラインから外れると立ち直れない

キツい。キツ過ぎる。だから無能な中高年が地位に拘泥し、バブル世代以下の生涯を狂わせる世代間の怨嗟につながっている。「景気に明るい形跡が」なんてニュースで白々しく言いまくっているが、ひどすぎる景況の程度がちょっと緩和されただけに過ぎない。

明日は我が身と読み返しながら思ってしまいました。
http://browneye.at.webry.info/200803/article_5.html

こんなのを見つけてしまいました。足立区江北の荒廃ぶり、明日は我が身だ。

日暮里舎人ライナーに乗って出かける足立区縦断の旅(3)
http://tokyodeep.info/2008/04/9.html

ここでは最近まで交通網空白地帯だった足立区の都営団地群のことが記されています。
しかし、ここは底辺でも安定している。

キツイ現実を再認識させられる一件でした。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム