江戸城炎上跡地を見て思ったこと

昨日、4/28に火事を出した札幌ススキノ(中央区南6番西5丁目)のソープランド「江戸城」の跡地前に行ってみた。
死傷者を出したところでもあるので、当然のように閉鎖されていた。






建物を正面から見ると特に古い感じを受けない。
しかし横から見ると、いくら火事があったにしても、壁面に古さを通り越して、ボロさが目立ってしまう。

はっきり言って、ソープランドなるものに新築は認められない現実がある。ススキノの街で異様に古い建物がみつかると、看板にソープランドと掲げられていることが多い。

防災の面からは明らかに具合が悪い。「殺さず生かさない」方向にあるのは、ススキノや東京・吉原などでも見て取ることができる。法律をどう読んでも合法的な要素は読み取れないのだが、脱税とか覚せい剤のような他の犯罪でもない限り取り締まられることもない。

小池百合子とか福島瑞穂などは目の敵にするに違いないが、この矛盾を解消しないことにはどうにもならない。
警察は暴力団に対して取り締まっているだけで、風俗営業については上からの達しでもない限り、大上段から取り締まることはしていない。

この手の問題は、潰せの論調しか通用させてもらえない世相である上、議員や行政にも点数にならないので「殺さず生かさない」式の扱いしかしていないのだが、防災とかの面から考えざるを得ないのかもしれない。となると、滋賀県雄琴のような離れを作るしかないのか。


正面から見た「江戸城」


江戸城側面
横から見た「江戸城」


江戸城炎上。アワと消える。 (2008/04/29)
http://platinumhills.blog42.fc2.com/blog-entry-1064.html





関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 北海道
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム