東北縦貫線品川駅12番線ホームの工事状況(2011/10/08)

これまで、品川駅東北縦貫線折り返しを受け入れるためのホーム工事について、10番線ホームについて記してきたのだが、10月3日に利用が開始されたことで、現状を残す形で終わりとする。

てっきり、9・10番線の1面の工事を完了させてから、9・10番線の1面利用開始と、11・12番線の1面改修工事に入るとばっかり思っていたが、実際には以下の感じ。

  • 9番線は工事中のまま

  • 10番線は、湘南ライナー専用(?)で運用開始

  • 11番線は、線路を10番線方向に動かすと同時に、仮の土台を取り付けて利用する形

  • 12番線は10月3日から利用停止。どうも13番線方向に拡幅するらしい


東海道線の運行を停めないで工事を進めるため、手順を踏んでやらないことにはどうにもならない。だが、予想していない流れとなった。

前置きはこれぐらいにして、12番線の工事状況について書くとしますか。







まず、新装なった10番ホームから見た11番ホーム
この写真からは分かりにくいが、以前の場所から何メートルか前方にせり出す形になっている。線路のコンクリート枕木はまだ新しい。その上に線路を敷設した形だ。
その一方、せり出すよう設置されているホームの土台部分は明らかに仮設とわかる。
鉄パイプを固定器具で止めている。その上に、仮設用の鉄骨があって、角材が並べられて。そして仮設の板が敷き詰められている形。

この写真を撮った後で分かったのだが、12番ホームの工事が終わったら、仮設ホームが撤去されて本ホームの設置工事に入る流れとなる。



10番線ホームから、11・12番線ホームの面に移ってきた。階段から少し新橋方向に進むと、12番ホームのうち、立ち入り禁止を意味する緑の柵が設置される場所となる。その先は、仮囲い用の鉄板が並んで取り付けられている。



11番線ホームの最北端。
あくまで仮設ホームなので、緑の柵が設置される形。
工事関係者か、関係者に許可をもらった人以外はここから先には行けない。



立ち入り禁止になった個所をズームアップしたもの。
ホーム上に鉄パイプや鉄骨、12・13番線ホームの間に敷設用の線路が積まれている。



12番ホームの立ち入り禁止柵前にて、新橋方向にファインダーを向けて写した。
頭上に、屋根用と思われる鉄骨が組まれている。
ん! 12番線ホームを13番線。横須賀線側へ拡幅するんだな。



同所から、線路が置かれているところをズームアップしてみた。鉄道車両の幅を考えれば、9/30まで12番線ホームにやってきていた線路はどけられ、線路が積まれているあたりに新たな線路路盤が作られることは容易に想像できる。



同所で逆側を写してみた。12番線と13番線の線路間隔は大差なし。
これならば、12番ホームが、全体を通して13番線側に拡幅されるとわかる。

8日時点では、北側(新橋側)の一部分しか仮囲い鉄板が設置されていなかったが、そのうち12番線側に立ち入れないよう、鉄板が並ぶことになるとも考えられる。

9・10番線ホームの1面が、8日現在そんな感じですから。



北側通路から、11・12番線ホームに降りる個所の案内版を写した。
12番ホームは使用しなくなったので、マスクされて当然。



案内板をアップにしてみた。マスクしているグレーのテープをはがしたら、それまでのオレンジ色の表示はそのままのはずとわかる。

工事の流れを考えると、12番線ホームの拡幅工事が終わったら、10/8現在で11番線ホームに発着する車両は、そのまま12番線ホームに移ってきて、仮設の11番ホームが本工事になるはずですから。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム