東北縦貫線品川駅折り返し設備(?)の工事現場

東北縦貫線が現在工事中である。
品川駅に折り返し設備を造ることもすでに発表されている。
そこで、どんな状況だろうと見に行ってみた。





現在、品川駅には臨時ホームとして7-10番ホームが設置されている。
7番・8番ホームには早朝に出発する電車がある。
9番ホームは今も使用されているようだが、よく分からん。
9番ホームと10番ホームの間には鉄板が並んでいた。10番ホームは使用される気配がない。

そんなこんなが分かったので、とりあえず現場を見てみた。


写真1

駅内の東西通路から、7・8番ホームに下りるところに、「始発電車ご案内」と掲示板が出されている。それはいい。だが、2日の12時台、3日の13時台に7・8番ホームの面に行ってみたら、まるで人の気配がない。早朝と深夜しか使われていないのかもしれない。


写真2

人気のない7・8番ホームから9番ホームを見たら、パソコンを見つめる人の一団が。わけわからん。なんかの撮影らしきものをすぐ横でやっていたようだが、訳分からず。テレビCMでもないし、何だったのか…


写真3

わけわからん一団がいた一帯から、横浜寄りにある東西通路の階段から10番ホームを写した形。10番ホームの線路は撤去され、鉄板によって隠される形。線路側はなんか工事してる。




写真4

写真5

11番線ホーム(東海道線下りホーム)から10番線を見てみた。写真にあるようにトラックが入っている。写真にはないが重機も。折り返し設備用工事だろうが、でここでは終わり。


写真6

11番ホームから東西通路に上り、現品川運転区(北側・東京駅方面)を見てみた。形を見ると、ホームの土台を作っているかのようだ。これが折り返し設備と、ホームになっていくのか???
写真4・5の線路があるべき高さのところのコンクリ、写真6枚目右端のコンクリ部をつなげると、ここに10番線の線路を引き、それに合わせたホームが写真6の四角が並ぶところに置かれ…と想像できる。

東北縦貫線ができると、写真6の前方に広がる操車場がどかされることにもなるので、10番線・9番線のホームを写真6の右側に動かしたら、7・8番線ホームを右に、5・6番線ホームを右にと順次移設されていくはず。


写真7

品川駅の5・6番線ホームの案内には「新橋・東京方面」となっている。
しかし、東北縦貫線が開業すると、上野・大宮方面へ運行されることになるため、「新橋・東京方面」では説明がつかなくなる。看板取替えが先か、ホーム移動が先かは不明。


写真8

東海道線品川駅上りホームの行先電光掲示板はTOKYOと表示されていた。
と言うより「TOKYO」しか表示しないのである。「TOKYO」のほかは「東京」しかないので意味がない。ただ、これも東北縦貫線開業までの命になるはず。
東北縦貫線開業後は、踊り子号を除いて、原則として「東京行き」はなくなる。



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道関連のニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム