JR西日本のためになっているが、レゴランド集客に役立たない京都駅ビル模型

去る8月11日、京都へ行った。
とはいっても、名古屋界隈に行ったついでだったので、(西)本願寺と真宗本廟(東本願寺)に行っただけ。
六条通と八条通の間しか行っていない。
京都市下京区の一部にしか行っていない。

名古屋駅では、西に向かう新幹線で自由席積み残しなんて、見慣れない場面に出くわしてしまった。
お盆帰省往来の混雑のせいなのだが…
メーテレの取材クルーがホームを後にする最中だったのを見かけたぐらいだったら、帰省混雑取材か、と驚きもしなかったのだが、事故でもないのに積み残しなんて…
自由席積み残しのせいで、見送った車両は数分出発が遅れ、その後続もしわ寄せが来て…

それでも、乗ってもいないグリーン車は空席多数。
まだ体が小さい乳幼児はお呼びでないので、その親御さんも乗らないのはわかるが、混雑の差に呆れるしかなかった。
なんか、病院での「差額ベッドじゃないところに人気がある」ことと似た感じだ。







自由席積み残しなんて事態に見舞われた車両の次で、名古屋から京都へ向かった。
別にゲロゲロに疲れていたわけでもないので、自由席で。それも立ち通しで。
さすがに乗った車両では積み残しがなかったが、「傲慢な老人」が我が物顔で乗り込まれてしまう(怒)不快な自由席で。

どうでもいいんですが、行儀が悪過ぎるクソ老人がはびこりすぎてませんか? つけあがるな! 閻魔様が審判を拒絶してるぞwww

それはともかく、京都駅で下車した後、往来の足手まといになってしまうキャリーケースをコインロッカーにしまおうと、コインロッカーのある場所に向かったのだが、全て使われてしまって、しまえない事態になってしまった。傲慢な老人が「2020年に外国人観光客2000万人」なんてブチあげたのが効き過ぎてしまった副作用のせいだぞ!

そんなことで、駅ビル地下1階コインロッカーをあきらめ、キャリーケースを引きずりながら、地下1階伊勢丹デパ地下に向かった。

その途中、プラスチックケースに覆われた、巨大なミニチュアを見つけた。

京都駅ビルのレゴブロック・ミニチュア1
レゴブロック製京都駅ビルミニチュア

京都駅ビルのレゴブロック・ミニチュア2
レゴブロック製京都駅ビルミニチュア

視界に入ってすぐは、それがレゴブロック製だとは気が付かなかったが、すぐにわかった。

次に思ったことは、
ミニチュアでもない限り全体像を地上で写すのはムリ」ということ。

まず、烏丸中央口の先にある、京都タワーのビル前で写そうとするには、左右が長すぎる。
そこからバックして…とやっても、東本願寺へ向かう烏丸通を進むしかないが、通り沿いの建物で視界が狭められるから、ムリ。

じゃあ、770円払って京都タワーの展望台に上がれば? となるが、写真①の右下は、手前の京都中央郵便局で隠されてしまうから、ムリ。

八条口側の写真②に至っては、左右が長すぎ、高層建築もないということで、お手上げ。
一目で見ようと思ったら、このようなミニチュアで見る以外に、手がない。

そして、最後は「入場料が強気過ぎる」と悪評が立ってしまった、名古屋市港区・レゴランドへの集客アピールのなっていないということ。

このミニチュアは京都駅ビル地下1Fにあるわけだが、駅の動線的に「新幹線」の存在が弱い。
名古屋駅から第三セクターあおなみ線でノンストップ17分、金城ふ頭駅から徒歩10分でレゴランドとなるわけだが、京都駅ビルの真横はJR西日本の在来線なので、新幹線の意識がイヤでも薄くなる。レゴランドを宣伝したいなら、八条口に置いた方がマシでは? なんて思うしかなかった。





実際には、レゴブロックのミニチュアを置いたことと、レゴランドは関係ないらしい。
ミニチュアが置かれたのは、レゴランド設置を4年後に控えた、2013年だった。
2013年当時、「レゴランドにおいでよ」なんてやってもしょうがない。

そもそも、国会議事堂、白川郷、、姫路城、厳島神社など旧所名跡(変換できない…と思ったら)、違う、)名所旧跡のミニチュアと同じレベルで、レゴランドを宣伝する気もなかったらしい。

所要時間の意味で、名古屋に行くのが難しくない京都駅の駅ビルに置かれていたから、イラン事を思う結果になってしまったのだった。





スポンサーサイト

テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム