3月15日を以って使用終了となる、東急東横線渋谷駅地上駅(2)

国道246号と首都高速道路3号線の間にある形の歩道橋は、再開発に伴って撤去されるだろう…と思っていたが、その通りだった。

その歩道橋を後にし、中央口に向かい、とりあえず改札口あたりの写真を写し、SUICAで改札を通り、駅構内へ。

電車写真の方が興味が持たれそうなので、そちらをメインにしようと思ってみたのだが、それだけならば別に渋谷駅でなくてもいい。

ここでは、どちらかといえばホームがメインとなります。





その1


その2


その3


まずは、単純に、出発待ち車両の写真です。
元町・中華街行き急行。5080系。
どーでもいいが、ホーム上に並ぶ、モビットの赤い広告ポスターがウザい!

その4


さっきの電車が出発した後のホーム

その5


この駅を象徴するものは、三角壁である。
そこで、1番線ホームの終端部を写してみた。

その6


国道246号と首都高速道路3号線の間にある形の歩道橋は、再開発に伴って撤去されるだろう…と思っていたが、その通りだった。新設される地下道に歩行者を移行させる形。

東急電鉄・JR東日本・東京メトロのそれぞれが出したプレスリリースには、現在の地図と、完成時のアバウトなイラストが記されるだけで、歩道橋がどうなるかだなんて、どこにも記されていない。

UR都市機構が2009年に発表している資料には、単なる平面図でしかないが、施工完了後がどうなるかが記されている。

http://www.ur-net.go.jp/toshisaisei/urbanr/pdf/shibuya.pdf

南口の歩道橋2組(警察前、東急プラザ前)は無くなる。
ハチ公前広場は拡大される。
西口の道幅は狭くなる。
現・三菱東京UFJ銀行前に、超幅広の横断歩道が現れる…

辺りが見えてくる。

1番線ホームから、歩道橋の絵図を見ることができるのは3月15日まででおしまい。
歩道橋そのものも、やがて撤去される…

※2013年10月24日追記
UR都市機構の2009年提出資料では描かれていなかった、駅南側の歩道橋2組は、後の都市計画決定の絵コンテで復活している。改築する形だ。その一方、UR都市機構の図面では、修正された絵コンテを反映しない地図が、依然としてHPで公開され続ける事態となっているので、微妙に不足が生じている。

中央口寄りの写真はとりあえずここまで。
このあと、代官山駅方向へ移動しました。


スポンサーサイト

テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

アド

プロフィール

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム