fc2ブログ

京都の軽自動車暴走殺人事件について・その5

12日13時5分に京都祇園の大和大路でホンダ・アクティバンに乗った「てんかん持ち」の三十路男が、7人を殺した上に自爆した事件があったばかりだが、23日7時55分ごろには、京都市に隣接する京都亀岡市の府道で、スズキ・ワゴンRで無免許の無職男(18)が居眠り運転がし、カーブを曲がれず(?)小学2年生女児と妊娠中の女性(26)に7ヶ月の胎児が死亡する事件が起きてしまった。また軽ワゴンか。

事故現場の映像が多くテレビで流されていたが、地図ではランドマークがあまりないのでわかりにくい。亀岡篠郵便局のちょっと京都寄りが事故現場だ。

女性週刊誌やら、とくダネ!、スッキリ!、モーニングバード!など午前8時過ぎのワイドショーのように、腐りかけの奥様を相手にするマスコミ的に書いてしまえば、自ら事故に巻き込まれたばかりか、母親と、あと3ヶ月ぐらいで誕生するはずだった赤ちゃんを奪われた小学一年生の女の子が可哀相…となってしまう。
目の前で大事なおかあさんとあかちゃんの命を不条理に奪われてしまったのですから。

可哀相ついでに、死亡・重体・被害者全員の氏名が公表されてしまっている。そこで、「小学一年生の女の子」と書けているわけだが、複雑な気分にさせられてしまう。



件の府道は、交通量が多い国道9号線と平行しているのでバイパス代わりに使われ、歩道も不十分なのに亀岡市立安詳小学校の通学路として使うには危ないと、車道脇の堀にふたをして歩道を確保したまではよかった。
しかし、歩道と車道の間はペンキによる白線だけなので、車が走れる幅が広くなった結果車の運転がしやすくなり、スピードをが出やすくなり、走行する車のスピードによる危険は増大…なんたる皮肉か。通学時間帯の午前7~9時は、スクールゾーンで西向きの一方通行となっていたのが、スピードの出しやすさに加担する形…何のための交通規制なのか???

ブロックを設置する、赤いコーンを設置するなどもう少し手を加えられなかったものか…京都府には詰めの甘さを指摘する以外にない。中途半端な交通規制を掛けた京都府公安委員会にも問題がある。

でも、一番悪いのは運転手当人。同乗者も当然、共犯扱いだ。
18歳トリオ、ロクなもんじゃねぇ。
運転していた無職(亀岡市)はを自動車運転過失傷害の疑いで現行犯逮捕された。同乗していた大学1年生(南丹市)と男子専門学校生(亀岡市)も道路交通法違反(幇助)で逮捕された。

本来なら名前を出してはならない「小1女児」の名前が公表される一方、名前を出すべき「18のクズ」の名前が公表されないことについては、不当と考えざるを得ない。

すでに、クズ3名の洗い出しが始まり、ネット上に拡散し始めているが、当然といえば当然。自業自得だ。本名、出身・在籍校、どんな生い立ちかが。

運転していたクズは、中学時代はラグビー部に所属もグレ始め、定時制高校入学も半年で中退。その後は土木作業員などのアルバイトをしていたが、最近は仕事をしていなかった。

大学1年生、専門学校生は「授業料さえ払ってくれればいい」DQN学校でもない限り、退学に処すものと思われ。専門学校生は除外できそうなところはわからないが、大学は「京都」「同志社」「立命館」以外の京都にあるところとなりそう。「関西」「関西学院」などには通ってられなさそうですから。



====================
祇園事件については、当日にニュースを出したテレビ局や、翌朝に記事を載せた新聞では取り上げているものの、なぜか週刊誌では露骨にスルーの気配が。

週刊誌で取り上げているのは、せいぜい週刊文春ぐらい。AERAは「てんかんでも薬をちゃんと飲めば大丈夫キャンペーン」。時事ネタを掲載する週刊新潮、週刊ポスト、週刊現代…なぜかスルーしている感ありあり。

大事故・大事件なのになぜ雑誌はスルーしているか…結論は至って簡単で、圧力団体による不買運動・名誉毀損による訴訟リスクを回避するため。

祇園事件の藤崎容疑者は「てんかん持ち」であった事で、日本てんかん協会、てんかん患者、関係者の他、名ばかり人権団体までが「差別反対」と喚き立てる状況となってしまった。うかつに記事にして訴訟を受ける事態になったり、不買運動を起こされた日にゃあ商売上がったりとなってしまうので、スルーしてやり過ごしているだけ。そのようにしか読めない。

「障害者差別」「女性差別」「階級差別」「部落差別」「人種差別」にはオブラードに包んで関わらず、気がついたら「真っ当な扱い」を通り越して過剰な施しに化けている。そんな歪んだ構造が散見されるようになってしまった。
ても、訴訟や不買での損害リスク回避で放置し、自己中でわがまま放題なゾンビを生み出しても"触らぬ神に祟りなし"とばかりに、見て見ぬ振りで増長し続ける。祇園事件の先には、そんな本末転倒な日本社会の病理を見せ付けられる。

弱者のふりした社会的強者が我が物顔で横暴を働くケースすらある。厳罰化の裏に、そんな事への苛立ちと不快感も一要素としてあるように思える。

実際には、祇園事件は「てんかん発症」ではなく「パニック逃走の挙句」と読めているのだが、それを立証しようと京都府警は必死だ。

その一方、亀岡事件の方は「無免許」「道路のつくり」「交通規制の欠陥」と「差別」に当てはまる事項が見当たらないので、祇園事件より追求しやすい。
死傷者の数を無視すれば、祇園事件より悪質だ。

だが、同じ月に同じ京都府で…どうしても「祇園=亀山」と結びつけて考えてしまうのが人の人情だ。

新聞やテレビのように、速報で報じてしまったところはフォローせざるを得ないが、週刊誌では「祇園事件に対する圧力団体」のせいで、またスルーされると思われ。ご丁寧にも来週はゴールデンウィークなので、発行一回お休み。一週間すれば忘れてくれるだろうと、「京都軽自動車暴走殺人事件」はスルーすると考えられてしまうのです。

※亀岡事件の現場は亀岡篠郵便局の近く、と書いたので、郵便局つながりで祇園事件を書いておきます。
祇園事件の交差点と、自爆した電柱の間に、京都祇園郵便局があります。

※その4までは「京都・祇園の自動車殺人事件について」でしたが、京都府内、それも隣接する市内で、軽自動車による殺傷事件が相次いでしまったので、「京都の軽自動車暴走殺人事件について」に改題しました。




スポンサーサイト



テーマ : あまりに酷い事件
ジャンル : ニュース

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム