fc2ブログ

★★1376・09/08/13の市況(?)

今日、久しぶりにブラック企業に行ってやった。
やっぱり死臭だけが漂っていた。

体調の悪さだけはどうしようもない。しばらく横になり続ける日々が続いたが、仕方なくオフィスに向かうことに。

お盆の真っ最中なのでさすがにうるささは少なかったものの、それでも気分は晴れるものではなかった。

低賃金か、不安定すぎる雇用状況か、それとも死ぬまで働けとやるような企業がバブル崩壊後に続出してしまっている。その毒がいたるところに回り始めている。好景気時には「死ぬまで働け」、不況時には「低賃金で我慢しろ」。こんなのが横行してしまったのが日本だ。自分が籍を置かざるを得ないブラック企業はそれを絵に書いたようなところだ。早く鬼籍に入るのが一番幸せという感じしかしない。

90年代と00年代の派遣労働拡大と、日本の落伍ぶりを表す一端とした方がいいのだろうが、昨日のNHK総合で元・非正規労働者についての再就職が難しい事が取り上げられていた。

「働きたいんや ~大阪・雇用促進住宅の200日~」(2200-2245)
▼非正規労働者向けに政府が昨年末設置した雇用促進住宅。再スタートを切った彼らだったが、就職先がなかなか決まっていない。

番組では、取り上げられた人の厳しい現実は分かったが、解決策は全く示されていなかった。

たまたま遊休施設となっていた大阪府松原市の雇用促進住宅に収容される形となり、失業保険か生活保護で当座は食いつなぐ事ができているものの、そこには収容期限がある。

ハローワークでは、求人票の提供とともに、職業訓練コースもあった。職業訓練コースの中にはパソコン講習(期間は3ヶ月)も。しかし、完全に触った事がない人向けでしかないので、そのコース終了程度で大威張りされても…。あの程度であればブログを書く人であれば習得しているようなもの。経験がないよりはマシだが、その程度の講習で『3ヶ月のパソコン講習を修了した』なんて言ってもらいたくはありません。カリキュラムにも問題ありって感じでした。パソコン講習が再就職に結びつくかについては、厳しいと言うしかありません。ビル管理関係とか倉庫などの職業訓練でも、資格を得ても就職に至るのは難しい。

番組で取り上げられた人は、最近の情勢から類推すると、収容期限が来ても再雇用に至るとは思いがたかった。その後は住む所が確保できずに、路上生活者に戻される公算が高いと思えてしまう。

いまの雇用情勢のベースにある経済情勢を考えると、「底打ち」は認めるにしてもリバウンドの気配なんてさっぱり見えてこない。需要ニーズに合致した一部の人を除くと、再就職なんて極めて難しいと言わざるを得ない。あったとしても、最低基準賃金では…生き続けるのも難しい。

また、網にすくわれない人、これから収入も住む所も奪われてしまう人には、雇用促進住宅のような施しは用意されていない。

まるで、ドキュメンタリーが「この人たちより(視聴者)お前らの方がマシだから我慢しろ」と言っているかのようだ。

こんな状況があるところに、希望を失ったようなところにいる人に向かって、「自己責任」だとか「自殺No」と軽々しく言えるか。そんな不幸に追い込んでしまった日本の政治と、尻馬に乗った日本の企業に激しい怒りを感じてしまいます。

さらに、日本では労働を踏みにじる行為も公然と横行している。「働きたいんや」ではなく「働かなければ食えない」現実があるが、「働く事に絶望感を持つ」状況に追い込まれるものも多数いる。ブラック企業はもとより、ブラック職種のSEでは、人間性を破壊された結果としてうつ病に追い込まれる人間が多数出ている。「ブラック」と名指しされないところでも、昇進差別や不当な降格のせいで心を病む者も多数いるのが現実です。汚い国家にも、汚い企業にも明日はありません。汚いところほど立ち去れる人から立ち去っていくので、汚さは増すばかりとなっていくのです。

お盆休み明けに精神疾患を発症したり、行方知れずになったり、自ら命を絶つ人が多数出ることは間違いありません。その人たちは、絶望の袋小路から抜け出せないことを、客観的に見つめ直してしまうのですから。

◇ ◇ ◇

今日の東京株式市場は、きのうのニューヨークの上げをほとんどそのまま反映した格好に。それ以上についてはパス。ブラック企業に「がんばって」足を踏み入れたまではいいが、気力は萎えたままです。先週来続いている心身不調は相変わらず。
今日はこれで終わりとさせて下さい。

スポンサーサイト



アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム