fc2ブログ

紅白歌合戦の視聴率が3年ぶりに40%の大台へ

時事通信が配信したニュースに、紅白歌合戦視聴率が3年ぶりに40%の大台を超えたというのが出てきた。
最近の紅白歌合戦は、バラエティ化から一線を画す方向に向かっている。これは歌謡コンサート(火曜20時)、SONGS(水曜23時)、想い出のメロディー(8月)でも同じ傾向が見える。
この点が好感されたのは言うまでもない。

しかし、大晦日の番組欄を見ると、ドラえもんの映画以外では紅白しか選べなかったというのが正直なところ。
「ガキの使いやあらへんで」「クイズ雑学王」をわざわざ年末で見ようなんて気は起こらなかった。格闘技をパスしたら、
年忘れにっぽんの歌」と「紅白歌合戦」しか残らない。オートマティックに紅白歌合戦にチューナーを合わせる結果に。



浜崎あゆみはどうでもよかったが、布施明の29年前の歌は意外とよかった。
スマッシュヒットにもならなかった徳永英明のデビュー曲・レイニーブルーは、発売当時に売れなかっただけでやっぱり名曲だ。
いい歌はいつ聴いてもいいもんですね。

また、かつてのテレビ局ではありえないことが、紅白の周辺で続出していたことも分かった。
日テレからは仲間由紀恵の「ごくせん」のジャージ写真が紅白放送用に提供された。
フジテレビに出演交渉した羞恥心のステージでは中村仁美アナウンサーが目玉マークのシャツを着て登場した。
テレビ朝日はNHKから(場所は不明だが)水谷豊を生中継で出演した。

こんなことが起きているのは、視聴率絶対主義が通用しなくなったのと、コンテンツ商売が成立するようになったこと。
NHKの土曜ドラマ「ハゲタカ」は視聴率では1桁だったが、大反響を呼び、レンタルDVDは高回転率を誇り、映画化まで決まってしまったなんていうのが典型的。
Jリーグの試合で視聴率が取れない現実はあるが、観客数が少ないなんてことは起きていない。プロ野球もスタジアム来客数は減っていない。
CDの売り上げが落ちたからとは言っても、コンサートの来客はCDほど落ち込んでいない。

松平健がマツケンサンバ2で出演した紅白歌合戦が、翌年の建国記念の日に再放送したら予想外に視聴率を取ってしまったということがかつてあった。
今回の紅白もコンテンツとしてのできはいいので、NHK地上波になるか、BSになるか…は抜きにして再放送の方向に向かっても不思議さはないと思います。



NHK「紅白」視聴率は42.1%=3年ぶり40%台に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090102-00000011-jij-soci
1月2日10時56分配信 時事通信

昨年おおみそかの夜にNHK総合で放送された第59回紅白歌合戦の平均視聴率は、関東地区で前半35.7%(前回32.8%)、後半42.1%(同39.5%)だったことが、ビデオリサーチの調査で2日分かった。40%を超えたのは、2005年以来3年ぶり。関西地区は前半35.4%、後半41.6%、名古屋地区は前半42.2%、後半46.6%。
同じ時間帯の民放の番組では、日本テレビの「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!! 大晦日スペシャル!! 第3部」が15.4%(関東地区)で最も高かった。




テーマ : テレビ視聴率
ジャンル : テレビ・ラジオ

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム