fc2ブログ

そのまんまゆがんだ与野党関係

最近の日本の政情は、民主党が優勢となっている。そこで日本で長く見られた戦術
 ○与党の力づくの採決
 ○野党の引き延ばし戦術
が逆転する状況が起きてしまっている。皮肉だ。



小沢一郎などが新進党を立ち上げたころから十年以上の月日が経過しているので、イメージは薄くなっているが昭和の自由民主党が分裂したのも事実。小沢一郎はもちろんのこと、鳩山由紀夫も自民党OBだったりする。

【昭和末期と今日との政党比較】
 自民党→現・自民党民主党に分裂
 社会党→民主党と現・社民党に分裂
 民社党→民主党の一部に吸収された状態

 公明党、共産党は変わらず

こう考えると自民党OBが与野党に分かれてやりあっているとわかってしまう。
しかし、自民党の悪い癖で、めぼしい人には力づくで声を掛けまくることが東国原知事に対しても起きてしまっている。どう考えても異様だ。まして失言で選挙立候補を断念した中山成彬前国交相が直談判するというのは、笑うことしかできない。
まともなお願いでないことは間違いない。

しかし、今は選挙どころの経済状況ではない。来年9月までに行われる総選挙では中山前国交相が出馬することに帰するのかもしれない。



「東国原知事が出ないと困る」 中山前国交相が“出馬要請” 宮崎1区 知事は不快感
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081009-00000015-nnp-l45
10月9日7時7分配信 西日本新聞

次期衆院選で宮崎1区からの立候補を取りざたされている宮崎県東国原英夫知事が8日、都内であった九州横断自動車道の建設促進大会に出席。来賓の中山成彬前国交相から「東国原知事にどうしても出てもらわないと困る。東国原劇場になるように心から訴える」と、“直談判”される場面があった。

東国原知事は大会終了後、「唐突に公の場で依頼されたことに驚きと違和感を覚えた。いかがなものかと思う」と、中山発言に不快感を示したが、自身の出馬について「今は考えておりません」と、相変わらず含みを残す発言を繰り返した。

失言問題で同選挙区から不出馬を表明した中山氏はこの日の来賓あいさつで、「(民主党が高速道路を)無料化するということは東九州自動車道も延岡線もできないということ。私は自民党が勝つため、延岡線をどうしても造りたい思いで(国交相を)辞任した」と強調。知事に「全国を回って、自民党でなければ高速道路はできないと訴えてもらいたい」と訴えた。

=2008/10/09付 西日本新聞朝刊=




スポンサーサイト



テーマ : 政治・経済・社会問題なんでも
ジャンル : 政治・経済

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム