fc2ブログ

★★396・08/06/18の市況

今日の東京は、寄り付きこそNYの下げに倣って安かったが、その後はジリ高の展開。後場は前場の日経平均の終値を下回らないようにした感じの下値が、12:45頃、13:00頃、13:15頃の3回、日経平均14400強であったが、結局ちょっと強めで推移し、日経平均14450、TOPIX1410前後で14時台は推移し、そのまま引けた形。
結局、今日東京が強かったのは上海・香港が強かった結果となるらしい。

日経平均 14,452.82 △104.45
TOPIX   1,409.64 △7.66

最近、大手金融株をネタにすることが多いが、今日は平均株価の推移と三井住友FG、野村HDの動きが似ていたことを取り上げてみます。三井住友FGは940千△15千、野村HDは1770▼14と昨日の終値と比較すれば明暗の形になってしまうが、今日の寄り付きと引けを比較すると三井住友:917→940、野村:1755→1770となっています。
三菱UFJ、みずほ、大和証券Gあたりはここまで明確な差はでていない。

NIKKEI NETでは、今日の市況を「金融株の下げが目立った」と評しているが、三井住友FGや野村の一日の動きをみると違和感を感じてしまった。

NIKKEI NETには、2006年3月期以降の年次報告書を米SECに提出できずナスダック上場廃止になったNECが、米SECと和解したという記事が出ていた。そのせいかは知らないが、NECの株価は今日は急騰していた(605△22)。
しかし、海外市場での株取引ができるようになっている現在では、ナスダックに上場していなくてもアメリカから売買可能なのが現実。富士通や東芝、新日鉄、三菱商事など米国市場に上場していない企業はたくさんあるが、それで困っているというお話は聞かない。

結局のところ、NECはゴタゴタぶりで株を下げてしまっただけだったというオチになってしまった。では、今回の和解でNECは買えるかというとNOとなる。似た事業体の企業では、収益性の面からは富士通を買っておいた方が身の為。

17日発売の夕刊フジの一面見出しで、買収対象企業としてソニー、富士通と並んでNECの名前が出ていたのを思い出した。大手電機メーカーのPBRをYahooファイナンスで見てみたら、以下のものとなっていた。東芝は原子力とフラッシュメモリーが評価される反面、日立とNECは評価が低い。買収候補に上がるような企業は概して低PBRのところが多いが、この事実を見て納得せざるを得なくなった。

東芝  2.79倍
富士通 1.88倍
シャープ 1.57倍
ソニー 1.55倍
パナソニック 1.39倍
NEC 1.22倍
日立 1.22倍
(6/18引け値での値:Yahooファイナンスより)


NEC、米SECと和解


http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20080618AT2D1800M18062008.html

NECは18日、2006年3月期以降の年次報告書を米証券取引委員会(SEC)に提出できなかった問題で、SECと和解が成立したと発表した。NECはこの問題によって米預託証券(ADR)の米ナスダック市場への上場が昨年10月に廃止となった。

SECは和解に伴って今後、米証券取引法の規定に違反する行為を行わないなどの命令をNECに出した。課徴金などの支払いは求められていないという。(15:03)
スポンサーサイト



アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム