fc2ブログ

明日はNHKスペシャル「名ばかり管理職」を見よう

派遣などでの低賃金問題は言い古されているが、正社員での過剰労働問題のほうも問題になりつつある。

流通外食・SEがブラック企業御三家とされているらしいが、番組予告によると流通外食が俎上に上げられるようです。明日は22時にはうちに帰って、しっかりと見ることにします。

しかし、Nスペが終わったらすぐに、NHK教育にチャンネルを変えないといけないのでここには気をつけておかなければいけません。
 NHKスペシャル「名ばかり管理職」 総合22:00~22:50
 視点・論点「労働者派遣システム再考」 教育22:50~23:00



スマスマは録画にしてでも、こちらを見て下さい。



以下はNHKホームページの番組予告内容を転載
http://www.nhk.or.jp/special/onair/080331.html

十分な権限や裁量もないのに管理職として扱われ、残業手当も支給されないまま過酷な長時間労働を強いられる“名ばかり管理職”。

入社9か月で管理職にされ24時間営業のコンビニ店を任された20代の男性は、人手不足のなか4日で80時間の長時間労働を迫られた。背景には、出店や価格をめぐる激しい競争の中、正社員の数は最小限にとどめその人件費も抑えたいという企業の思惑があるとされる。

法律が定める管理職の条件は「経営者と一体的な立場」「労働時間を管理されない」「ふさわしい待遇」の3つ。マクドナルドの店長は管理職かどうかが争われた裁判で、東京地裁は「店長は3条件を満たす管理職にはあたらない」と判断。同じように店長を管理職としてきたチェーンストア業界に衝撃が走った。労基署による摘発も相次いでいる。一方で3条件や判決に違和感を持つ企業は少なくない。現実の社会では管理職の概念はより広く解釈され、社員の「誇り」や「やりがい」にもつながってきたからだ。

悲鳴を上げる“名ばかり管理職”の実態に迫るとともに、摘発を受けてとまどう企業にも密着。全国の管理職に対するアンケートも通じて、“名ばかり管理職”の問題を多角的に検証する。




スポンサーサイト



テーマ : ドキュメンタリー
ジャンル : テレビ・ラジオ

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム