fc2ブログ

乳高でくぐり抜けられないと巨乳無罪と疑いは晴れたが、サバ読みもバレた

今日3/3、タレントの小桜セレナに掛けられていた器物損壊罪の疑いが晴れたことが報じられていたが、Webサイトに出ている年齢を見て「あれ?」と思ってしまった。結局、10歳もサバを読んでいたことがバレてしまった。
「正義が通ってよかった。今回に関しては胸が大きくてよかった」は器物損壊の件ではそうだろうけど、サバ読みは正義じゃない。こういうのを「吉原年齢」と呼ぶのだ。

とはいっても、最近は熟女の需要も拡大しているので、堂々と活躍していただきましょう。でも、こういうオバサンがでしゃばるのは世のためではありませんね。ブログにいたってはイタ過ぎてよめたもんじゃない。困ったものです。

あと、

以下に、朝日、東京(≒中日)、産経の記事を並べて見ました。「巨乳」の二文字を避けて記事を書いているのがよく分かります。日刊ゲンダイや東スポあたりだとはっきり「Iカップの爆乳」と書いているのは想像に難くありません。でも基本的には、罪が消えても酷いサバ読みは消えずと、頭が痛い一件でした。



【朝日】
http://www.asahi.com/national/update/0303/TKY200803030496.html

「胸が大きくてくぐれない」 タレントに逆転無罪判決
2008年03月03日18時36分

「ドアをけ破り、開いた穴から入ってきた」という目撃証言に基づき、器物損壊の罪で一審で有罪とされたタレントの小桜セレナさんに対し、東京高裁は3日、逆転無罪の判決を言い渡した。

知人宅マンション入り口の木製ドアを壊したなどとして06年11月に逮捕、起訴された。弁護人によるとドア中央の穴は横24.4センチ、縦72センチ。一審は「激情している精神状況を考えればくぐり抜けることは可能」とし、懲役1年2カ月執行猶予3年を言い渡した。

控訴審では、同じ大きさの穴を開けたベニヤ板を弁護側が用意し、くぐれるかどうかを実験した。結果を踏まえ、原田国男裁判長は「胸囲101センチ、胸の厚さが29センチあり、くぐり抜けるのは相当困難」と認定。目撃者の証言は信用できず、小桜さんがドアを壊したともいえないとした。

判決後に記者会見した小桜さんは自身の体形について「もともと太くて気にしていたが、今日に関してはよかった」と話した。

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2008030301000636.html
(写真)
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/images/2008030301000680.jpg



女性タレントに逆転無罪 バスト大きく、穴通れない
2008年3月3日 18時57分

交際していた男性が住むマンションの玄関ドアを壊したとして、器物損壊罪に問われたタレント小桜セレナ被告(38)の控訴審判決で東京高裁は3日、懲役1年2月、執行猶予3年とした1審判決を破棄、無罪を言い渡した。

「け破られたドアの穴から被告が入ってきた」という住民の目撃証言の信用性が争われたが、原田国男裁判長は、穴は縦約72センチ、横約24センチだったとして「被告は胸囲101センチ、胸板29センチで穴をくぐり抜けられない」と信用性を否定。「犯人とするには合理的疑いが残る」と述べた。

判決によると、小桜被告は2006年11月18日朝、東京都港区西麻布のマンション1階にある男性方を訪れた際、木製玄関ドアの中央部分をけ破ったとして起訴された。被告は先に部屋にいた別の女性ともみ合いになり、その後、男性が帰宅。隣室の住民の通報で警察官が駆けつけ、ドアの破損を確認した。


【産経】
http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/080303/crm0803031504022-n1.htm
(写真)
http://sankei.jp.msn.com/photos/affairs/crime/080303/crm0803031504022-l1.jpg(748×1024)
(35才のとき?の写真)
http://sankei.jp.msn.com/photos/affairs/crime/080303/crm0803031504022-p6.jpg
「胸が大きくてよかった…」 タレントに逆転無罪

知人男性が住むマンションの玄関ドアをけって壊したとして器物損壊の罪に問われ、1審東京地裁で執行猶予付きの有罪判決を受けたタレント、小桜セレナ被告(38)の控訴審判決公判が3日、東京高裁で開かれた。原田国男裁判長は、検察側立証の柱だった知人男性やマンションに住んでいた女性の目撃証言の信用性を否定し、逆転無罪の判決を言い渡した。

女性は1審で、「小桜被告はけ破ったドアの穴をすり抜けてマンション内に入ってきた」などと証言。1審判決は、女性の証言の信用性を認めていた。

一方、2審では同じサイズの穴のあいたドア模型を使い、小桜被告が穴をくぐれるかを実験。小桜被告の胸囲が約1メートルあり、くぐるのが不可能だったことが分かり、女性の証言の信用性が崩れた。

小桜被告は平成18年11月18日朝、東京都港区内のマンション玄関ドアを壊したとして起訴された。1審は懲役1年2月、執行猶予3年の判決を言い渡していた。

小桜被告は通販番組などに出演、胸の大きさがネット上で話題になったこともある。小桜被告は判決後、東京・霞が関の司法記者クラブで会見し、「正義が通ってよかった。今回に関しては胸が大きくてよかった」と話した。




スポンサーサイト



テーマ : グラビアアイドル
ジャンル : アイドル・芸能

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム