NHKスペシャル「無縁社会 新たな“つながり”を求めて」を見て その3

NHKスペシャル「無縁社会 新たな“つながり”を求めて」について、あらすじとイチャモンを並べてみたが、最後は力技でポジティヴに変えてきやがった。
このことをザーッと書いていったら、20時43分放送終了だったのに、書き終わりは27時36分。7時間もかかってしまった。フジテレビのものまね王座決定戦放送中に終わると思っていたのに、タモリ倶楽部もとっくに終わり、気が付けば通販番組だらけの時間ですぜ。

その2の続きです。





(6)生きるための“つながり”
映像は、自殺者が後を絶たない和歌山県南紀白浜の三段壁に飛んだ。
(この地がそうだってことは、以前からTV映像で知っていた)
NPOスタッフが警察や自治体と連携して自殺防止のパトロールをしている。

睡眠薬が48錠、展望台に残されるのを見つけた映像が流れた。

三段壁自殺を図ろうとしたものを保護すると、一時的に近くの教会で保護される。
NPOの代表は、この教会(白浜バブテストキリスト教会)の牧師、藤藪庸一氏である。
ビデオでは、15人ぐらいが共同生活しているとしていた。
食費・滞在費は仕事が決まるまで無償。
毎日全員一緒に食卓を囲む。寝床は教会の礼拝堂。

ビデオでは、NPOに「死にきれない。助けて欲しい」と自殺を図ろうとした男性からの電話が入り、クルマで男性のいる駅まで迎えに行った映像が流されていた。
時期は11月? と、後の流れから想定できた。
駅名は挙げられていなかったが、「白浜温泉」ののれんがあったことから、おそらくJR紀勢線の白浜駅。
件の男性は46歳、北海道から上京後、職を転々としたが、仕事にありつけなくなり、住むところまで失った。

このあと、NPO職員の河上勉氏(57、仮名)についてインポーズ。
かつてメーカーで営業の仕事をしていた。仕事一筋だった。
やがて過労で倒れ、仕事を失い、妻とも離婚。
全てをなくし、半年前に身を投げようとしたが死にきれず…
NPOに保護されて、ここにいる形だが、河上氏の面倒見の良さを買われ、NPOの職員に転じている。

NPOでは、クッキーづくりに取り組んでいる。
近所の豆腐屋からおからを譲ってもらい、クッキー作りに使っている。

クッキー作りには、保護された人のほとんどが参加していた。
46歳男性も参加した。しかし、作業が止まると人の輪に入れない。

そこで、河上氏が46歳男性に声をかけた。

ビデオは12月クリスマス会に向けての準備に変わった。
出し物の、鈴で水戸黄門の主題歌「ああ人生に涙あり」を演奏しようというもの。
その練習に、河上氏は46代男性に声をかけ、加わることに。

「ああ人生に涙あり」を選んだのには、ぶっちゃけ疑問を持たされた。
仕事一筋できた57歳男性が、山下達郎のクリスマス・イブ(1983)を知らなくても驚けない(すでに仕事以外に興味を示さない30歳だ)が、あまりにも有名なビング・クロスビーのホワイト・クリスマス(1942)を知らないとなると、どういう生涯をすごしてきたんだとなってしまうが…所見のメモではそう思った。
映像から、選曲したのはNPO代表の奥さんぽかったとわかったが、40・50代の人に「ああ人生に涙あり」をやらせるのは場違い。失礼だ。
本筋とは関係ないので止めておこう。

その後、「保護されて1ヶ月余り、この日初めて仕事を探しに出かけた」って一節があった。

やがて、教会でクリスマス会が行われた。
地元の女子小学生と思われる何人かが鈴で何かを演奏した。

その後、出し物として河上氏、46歳男性と、もう一人の男性が「ああ人生に涙あり」を演奏した。
よくやったのは事実だ。

映像編成のせいか、なぜ彼らがいるのかを知っている人たちがクリスマス会に来ていたせいなのかはわかりかねるが、気持ち悪いほど周囲が優しいように感じさせられた。小学生らに「もう一回」とアンコールを掛けされたあたりにヤラセを感じさせられた。

このあと、河上氏はNPO職員に転じた。共同生活からアパート生活に転じたことも取り上げられていた。

最後は「小さな幸せ」をクリスマス会出席者が合唱して終わり。

どうも、ハッピーエンドもどきであっても、明るく終わらせないと格好がつかないので、「どん底から底」でも「改善」とするようなエンディングだった。
実態は全然よくないのに、景気回復としきりに報じる経済ニュースのようなものか…
結局、「生きるための“つながり”」の結論にたどりつくよう、それまでの映像が並んでいた感じでした。

★最後に
無縁社会」って言葉の反対語として、NHKでは「絆」って言葉を当てている。
ここでの絆とは「良い縁」のことで、決して「悪い縁」ではない。
だが、「良い縁」とやってしまうと、一般に結婚を連想させてしまうので、「縁」って言葉が使えず「絆」を使っている感じ。
「絆」と書くと、「よいつながり」を意味し、「悪いつながり」を意味する「絆」を含む熟語は想像できないので、そうしたんでしょう。
NHK恐るべし。






2011/02/12 03:39
スポンサーサイト

テーマ : 貧困問題
ジャンル : 福祉・ボランティア

NHKスペシャル「無縁社会 新たな“つながり”を求めて」を見て その2

NHKスペシャルでときどき放送される「無縁社会」シリーズはその放送内容の重さから、大きな注目を浴びる。わざわざプロジェクトを組んでまでやっているキャンペーンなので、NHKが力を入れているのは間違いないが、予想以上に注目を浴びてしまい、造りに矛盾が出る部分も見えてしまう。

その1の続きです。






(4)24時間365日インターネットでつながる
  • 無縁社会と若い世代

  • 見知らぬ相手と会話をする人が増えている

が主題。

それでも、どちらかと言えばネガティヴなトーンで取り上げていた感あり。
だが、必ずしもリアルワールドでつながらなくてもいいんでないかい?
いい人間関係が保てれば、どちらもツールなのですから。

無縁社会放送の5時間前、よみうりテレビ制作のミヤネ屋で、俳優の鶴見辰吾が自転車にはまって、周囲の人ばかりか、ブログでもそのことを言っていたら、自転車の大家になってしまったことが紹介されていた。
自身が自転車の大会に出て優勝してしまったとか、横浜(のどこかまでは言っていなかったが)浦安の50kmほどの移動を2時間15分でやったとか、飯がうまいなどなどがミヤネ屋での内容だった。
小栗旬や深田恭子の自転車購入につきあったってことも言っていた。
それから、ブログでの情報発信をきっかけに、巨大なサークルまでできてしまった。

いい関係ができれば、手段はなんでもいいんです。

4-1 ネコビデオ氏(31・男性)
人選に悪意を感じたりもした。
黒縁メガネ、小デブ、無精ひげ、チェックの上着…いかにも否定的な意味での「オタク」を絵にかいたような人。
大手電機メーカーのSEだが、過労で体調を崩し、休職して自宅にいる。デスクトップPCにはビデオカメラが取り付けられ、テレビ電話さながらの状態になっている。
彼はニコニコ生放送に興じていた。
「ふむふむ」「そだな」「ほいほーい」
「トイレに行ってきます」
「すーぱーリスナータイムきたー」
「がらがらガッシャン」

4-2 みつき@なごや氏(38・女性)
こちらも人選に悪意を感じたりもした。
いかにも中年太りの独身女性って感じ。
この映像は、ニュースウォッチ9でも取り上げられたものを使いまわしていた。
ひとり居酒屋に入り、テーブルの上に手羽先などを並べた先にASUSの白いノートパソコンが。ビデオカメラ付き。
ただ、彼女がたどった人生を見ると、世相や親に翻弄されたって感じがありありと。
(1)かつてイベントの司会をしていた
(2)父親の介護で仕事を続けられなくなった。毎日、父親の病院に通う
(3)同世代の家庭を持つ友人たちと疎遠
(4)結婚を考える余裕もない。将来独りきりになってしまうのではないか。その不安で中継を始めた。

4-3 オレンジ野郎氏(26・男性)
丸坊主の髪形。自室でPCのディスプレイを見ながら、両耳にイヤホン、左手にはタバコ。
寝る前のひととき、ネット中継に興じる。マイクに向かってしゃべる。毎晩「おやすみ」を言う。
中学当時の友人とルームシェアで暮らしている。つながりを求めるのはインターネット。
米シアトル大学を卒業後、ITベンチャーに入社も過労やストレスで退社、その後は転職を繰り返す。

「実社会での“つながり”は役に立たない」彼は言った。

この3人について、「なんでリアルワールドでつながりを持たないのよ」って暗に言っているような映像構成だった。
最後の締めが、『インターネット中継 140万人/月』だったが、流れで言えば、なんでこんなにいるんだ!ってことになってしまう。
人選を見てしまうと、外見だけで納得させられる面があるので、悪意を感じざるを得ない。

遠距離恋愛でインターネット電話でも使わんと身も持たないし、カネも続かんってケースはあるだろが!
鶴見辰吾みたいなケースもある。
それから、身近なところが排他的だったり、同好の士が物理的に遠かったり、直接会って探していては手間暇かかり過ぎるケースもあるのだ。
そのことをはしょって、十把一絡げに「アカン」とやるのはいかがなものか。
ネット依存症みたいな弊害があることは否定できないものの、そちらの面ばかりを強調するのは不当である。

(5)「働く」という“つながり”
冒頭で、お茶の水の聖橋から秋葉原方向にファインダーを向け、中央線が神田方向に、丸の内線の車両が双方向で動く映像が写された。
でも、別に丸の内の三菱地所ビル群でも、西新宿の高層ビル群でも構わない。製作者がこの映像を選んだに過ぎない。

ここでは、野田康光(31・男性、仮名)が顔を出して出てきた。
彼は1年前、自殺を考えた。
  • 2年前、派遣契約を打ち切られた
    (リーマンショックの直前から、需要減の傾向がはっきりあったので、その頃に切られたってことか)

  • 今は生活保護で食いつなぐ
    (リーマンショック後の2009年正月、年越し派遣村があったおかげで、失業し、蓄えがない人に生活保護の支給が出やすくなったので、それで受給しているのだろうか)

  • 頼れる人はいない。アパートで一人暮らし

  • 50社以上採用試験を受けたが、不採用が続く


「社会から認めてもらいたい」
「生きる意味が見出せない」

新宿駅の東口を、アルタ前を歩く絵が。そこに「派遣先では番号で呼ばれていた」って文字が。

先月(具体的にいつかは触れられていない」)、野田と同時期に派遣切りにあった44歳男性が自殺した。
同じ境遇の者が月1回集まる。命を絶ったのはその中の一人。集まりの席で黙とう。
44歳男性は生前、「仕事をしないと生きている実感が持てない」「このまま生活保護を受けていたらダメになる」と言っていた。
番組中では、3か月前の44歳男性生前映像も流された。

44歳男性は無縁仏として荼毘に付された。

働けないこと、それは人としての尊厳を奪うことだ。

(その3に続く)





2011/02/12 02:29

テーマ : 貧困問題
ジャンル : 福祉・ボランティア

NHK『追跡!A to Z「無縁社会の衝撃」』を見て

さる1月31日に放送されたNHKスペシャルは大反響だったようだ。
反響の大きさは、ツイッターや2ちゃんねるでのカキコの膨大さで考えれば分かる。

31日の本放送ばかりか、2月2日深夜の再放送でも凄いものがあった。
今度はどうだったかについてはよくわからないが、前回のフォローに寄りがちだった内容になった上、一旦クローズに向かうような内容になってしまったためか、前回ほどのインパクトはなかった。
しかし、前回がディープインパクトだったので、通常ならばインパクトがある内容であることは間違いないものでした。

なお、きょうは2ちゃんねるが大規模書き込み規制になっているため、カキコが可能な人が少なくなっていたことはお断りしておきます。

【2ちゃんねるのカキコ規制が3日に掛かっていたところの一部】
SO-NET、ぷらら、DION、ODN、HI-HO、NIFTY、BIGLOBE、OCN、YahooBB







きょうのターゲットは30代。それはいいのだが、1/31のNスペを意識しすぎた構成になっていたので、問題がちょっと散漫になってしまった気もした。

番組を通じて耳にしたのは「人に迷惑を掛けないように…」「人に恥を晒さないように…」ってこと。迷惑の根源に怒りを向けることが許されない社会である一方、恥は見せない国民性のようなものも見て取れる形となった。
番組後半で内橋克人氏が言った『いくら努力しても成功できないのに、自己責任を求める社会構造』が、日本人の国民性も相まって「無縁社会」になってしまったんじゃないかと。
そんな結論になってしまった。

きょうのところは期初番組ってことで、ムリヤリこさえてしまった面は否めないが、このさきも取材を重ねて、今度は20代、30代、40代をターゲットにしたものがNHKスペシャルで放送されるものと考えられます。





【きょうのあらすじ】
(1)ネットで「つながり」を求める若い世代
 前回の放送について、ツイッターで書き込んだ30代3人の今
(2)無縁ビジネス
(3)内橋克人氏のインタビュー

(1)“無縁死するかも”30代の叫び
1-1 IT関係に従事する小野寺力氏(34)独身
 iPhoneでツイッターで「仕事がなくなったら無縁死だな」とつぶやいたら、反応がすぐに返ってきた。

1-2 契約ライターの丸子かおり氏(仮名、38)独身
 下北沢在住。東京で一人暮らし15年。両親は電車で1時間ほどの埼玉県内に住むが、同居するつもりはない。
 ロスジェネ世代が敏感になっている気がする。
 35歳になると結婚市場で価値が急落する。
 就職氷河期で苦労して非正規労働
 結局、自己責任。無縁死も選択肢のひとつだ。

 1/31放送のNスペでは、未婚で死んだ男性の境遇に共感した。

 丸子さんの弟は家庭を築いている。その弟家族に迷惑はかけられない。
 これからも一人で生きていくつもり。
 「ふつうの幸せすら考えられない」今の世の中なんだ。

1-3 SEの筒井隆次氏(35)独身
 横浜市内の京急沿線に住む。高架で、区画がしっかりしていて、一人で暮らしても困らないようなところとなると鶴見か?
 仕事がない北海道から出て3年前に出てきたが、人とのつながりがなく、ツイッターだけが頼り。
 
 1/31放送のNスペでは、秋田から上京したものの帰京が叶わずに死んで行った人の境遇に共感した。

 仕事以外では人に関わる機会もなく、食事はほとんど一人(画面では松屋だった)。
 6畳一間のワンルームに暮らす。尋ねて来る者はいない。
 過労とストレスでうつになり、休職となってしまった。
 うつの治療薬らしきものが何種類か映された(種類は不明)。
 故郷へ電話するのもためらうようになってしまった。

 結婚でもしない限り無縁死になる
 可能性は高いな

 人がたずねてこないので、掃除もしなくなった。
 部屋には9:16のパソコンディスプレイが電源が入っていた。 

(2)無縁ビジネス
2-1 「話し相手サービス」なる有料サービスが生まれている。
 ここには「ただ本音を聞いて欲しい」ってものばかりが掛かってくる。
 電話件数は、去年から爆発的に増えたのだとか。
 料金は10分1000円。利用者の世代は千差万別。月20万円使う人もいる。

 このサービスを使う理由は「友達や家族に言うと心配しちゃうんじゃないか」だ。だから第三者にカネを払ってまで言っているって事になる。

2-2 共同墓
 全国各地で建設ラッシュに。
 子供がいても共同墓に入りたいと要望する人が増えている。
 墓地には、手入れされない朽ち果てた墓が多数ある。墓に手間ひま掛けられないという意味だ。
 共同墓を要望するのは、必ずしも墓を立てるより安価だからという訳ではない。

2-3 保証人ビジネス
 日本ではアパートを借りるときに保証人が必要なので成り立つビジネス。
 両親がいなくなると、兄弟とも疎遠になってしまうので、こちらを使うしかない事情もある。
 「お金で済むんであれば」

 新宿にある社員300人余りの大手では、契約件数が10万件余りある。年商は30億を超える。
 毎月5人ぐらい孤独死し、遺品受け取り拒否のケースもある。

 契約する70代男性が死んだ。家具、衣類などは保証会社が処分した。
 この処分には「放棄書」にサインをした上で行う形だが、離れて暮らす息子に「放棄書」を送ったところ、サイン入りの放棄書が送られてきただけ。
 家族がいてもあてにならない、そんな現実も露になってしまった。

(3)内橋克人氏へのインタビュー
 無縁死が多数出るのは、社会構造に問題ありとしていた。
 日本社会の将来像を先取りしていると言った。

 自立を求めたが、与えられたのは孤立だった。

 いくら努力しても成功できないのに、自己責任を求める社会構造。
 そんな社会にいる者は、かつては自嘲的だったのに、いまではもっと酷くなっている。

 「希薄な人間関係に放り込まれた」→「無縁ビジネスに放り込まれた」

 「濃密な社会に戻るのが正論か?」→No. 封建的な血縁・地縁社会に戻れって言うのか?

 評論家ゆえにうまいことを言おうとし過ぎている感があったが、当たっている。

(4)まとめ
 キャスター・鎌田靖氏がまとめる。
 話す内容そのものはいいとして、4-5分も話す形になってしまったのは失敗。
 エピソードの部分を少し増やすだけで間延び感がなくなったので残念。

この項は以上です。





2010/04/04 01:07

テーマ : 貧困問題
ジャンル : 福祉・ボランティア

NHK「無縁社会 私たちはどう向き合うか」について

NHKから16時-18時に放送された「無縁社会 私たちはどう向き合うか」。
これは時間帯のせいもあって、大テーマの呼び込みだったって感じだった。

メインディッシュは22時からの「追跡! A to Z」でやるから、そっちも見てね。って感じ。
こんな感じでいいでしょう。呼び込み番組なんですから。







(1)Nスペ放送以降、メール、電話、FAXなどで2300通もの反響があったと紹介された。

初老以上の人からの反響だったと思うが「決して他人事ではない」旨が紹介された。

30代独身男性から「結婚なんて踏み切れるか! 自分を養うのでめい一杯だ」と記されたものもあった。

(2)NW9、おはよう日本で放送された映像の再放送
以下のものを放送。

直葬
Case1
父の葬儀のときは会社関係者などを集めて葬儀を行った(献花には「松竹株式会社」などの文字が)。
それから時が経って、母も亡くなり葬儀を行う形となったが、認知症が長く、知る人も少ないため、直葬の形を取った形になった。
母の葬儀は、近親者だけで訳の分からん人を混ぜなかった形なので、むしろよかったのかも。
Case2
親類縁者がなく、生前生活保護を受けていた死者は、保冷庫から遺体を出された後荼毘に付された。費用は自治体の費用負担。
見送りは葬儀会社の社員だけ。生前なんて知らない。

結婚式
披露宴に代理人を呼ぶ。
ここでは、会社の同僚に仕立てた代理人が取り上げられる形となった。
代理人は、業者から派遣されている。
今回放送されたのはこれだけだったが、実際には「親類」「友人」などを仕立てる場合もある。ヘタすると全員代理人ってことすらあり得る世界です。

【子供を置き去り】
ここでは、夫に先立たれた後生活苦に陥った母子家庭のケースが紹介された。
子供は施設に、母は生活保護ってケース。
この映像のケースはまだ犯罪の臭いがしないだけマシだが悲惨だ。現実にはもっと酷いケースも多数ある。

ひきこもり
41歳で引きこもりに。降格がきっかけ。やがて会社を辞めた。
外にでるのも怖い。
この件は、降格させられるようなヤツがムダに地位を与えられていたんだろって、嘲笑するしかない。

【単身化・単身世代の急増】
1980年は20%だったのが、2030年には40%になると予測される。
都営高砂団地に住むタクシー運転手だった56歳の独身男性は、バブル崩壊当時に収入減により結婚をあきらめた。
「客観的に悲しい」とカメラに向かってつぶやいた。
倒れてタクシー運転手の職を辞している。倒れた以降は、何かあったら怖いので、就寝するときは鍵をかけず、チェーンだけにするようにしている。

(3)1/31に放送された『NHKスペシャル・無縁社会 ~“無縁死” 3万2千人の衝撃~』の再放送
オープニングとエンディングの一部をカットしただけで、ほぼそのまま放送した。
「おれが三菱だ」って思い込んでいたのが勘違いで、ただの社畜に過ぎず、用が済んだら処分されてしまったと解釈できてしまう人の絵図は、悲惨だ。

あらすじは改めて書くまでもないので、以下をクリックしてご覧下さい。
http://platinumhills.blog42.fc2.com/blog-entry-59.html

(4)パネラーとのトーク
山井政務官、宮本教授、途中から北九州ホームレス支援機構の人が加わる。

○2030年には、東京都の世帯の半分以上が単身になる

○日本は、海外と比べて生涯未婚率が異常に高い社会になる。
 「結婚できない人」が多数現われてしまうことが問題(「結婚する気のない人」は問題ではない)。

○「無縁社会」は自助努力の行きを超えてしまった!

○「無縁社会」を脱するための施策が取り上げられた
 テーマには無条件に「Yes」ってビデオをつくるNHKらしい構成だった。
・横浜では園芸部が作られている
・新潟では、一人親を支援するサークルができている
・北九州ではホームレス社会復帰支援のNPOが作られている。ホームレスに最近、30代の人が増えてしまった。

○若者が救いを求められない
20代・30代の人を指している感じだった。まだ親は存命しているはずの世代だが、
「こんな格好じゃ帰れない」「親に迷惑はかけられない」とし、親にさえ救いを求めない。

無縁社会は社会的排除の問題であると、ヨーロッパでは扱われている。社会的包摂をしなければ。

○経済的問題とは関係なしに「ホームレス化」がドカンと進んでしまった。
 経済的困窮によるもの、社会的つながりが切れたことによるもの。
 個人の善意ではもはや手が打てない。

 養護施設、ハローワーク、ニート…社会から排除されてしまった人へのサポートがされていない。

 ※ここで言う「ホームレス化」は「社会的断絶」の意味。

○山井政務官が言った一言はきつかった。
 「ボランティアは行政の下請けじゃない」
 その通りです。善意に頼るのも限界があるのだ。

22時からの本編については、改めて書くことにします。
この項は以上です。





2010/04/03 19:09

テーマ : 貧困問題
ジャンル : 福祉・ボランティア

ミステリーショッパー(覆面調査)に登録して副収入を得よう

いくらアベノミクスや東京オリンピック向け建設工事などで、20代の就職や転職が易しくなった今日とは言え、

「安すぎる給料」
「時給を上げるには所定の資格や所定のTOEICスコアを取りやがれだから、コストの面でワリに合わない」
「ノルマ未達は自爆営業」
「たまに給料が高いと思ったらパワハラ・危険・高過ぎるノルマ達成でやっと可能…」

こんなブラック企業ばっかりなのが現実と思います。

そんな世の中なので、「頑張って給料を増やそう」とするより「節約」「簡単に副収入を得よう」と考えた方が、合理的なのかもしれません。

その収入で、北の嵐・二宮和也(葛飾区立新小岩中学校卒業)、南のKAT-TUN亀梨和也(江戸川区立松江第三中学校卒業)のご当地・新小岩へ行ってもいい。
グッチのバッグやルイヴィトンの名が財布を買う足しにしてもいい。
明日のための貯金にしてもいい。借金返済の足しにしてもいい。
手越祐也の熱いものを握った手と握手したいと、握手券入りAKB48のCDを買ってもいいwww

副収入手段の一つとして、ミステリーショッパー(覆面調査員)を紹介します。

所定の業者にまず会員登録をし、そこから依頼される覆面調査を実際に行い、アンケートに回答することで収入が得られます。

商品を試して1万円ゲット!!!
エステサロンへ行って1万円ゲット!!!

飲食モニターをはじめ、美容・通販・ショッピングなど色々なジャンルのモニター案件がある。

以下のバナーをクリックし、複数登録して、副収入をがっちりゲットしましょう!!!













それでは、このブログをご覧になられた人の幸運をお祈りいたします。





テーマ : 超初心者のアフィリエイト
ジャンル : アフィリエイト

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム