「町」の中心駅だが、その面影いまいずこ…愛別駅その1

2017年9月11日、旭川でレンタカーを借りてから北見へと向かう、北海道東の旅程を取った。
ほぼ国道39号線を行く形で。

実際には、JR函館本線最北の無人駅・近文駅に寄ってから39号に向かうルートを取った。
その道すがら、石北本線の駅が近くにあったら、立ち寄っていこうなんてノリで移動していた。
カーナビの助けがあるので、駅を探すのも、目的地にするのもそんなに難しくない。

愛別町市街の外れにある、JR石北線愛別駅に向かってみた。
昔は使われていたものが、ふたをされ、裏返しにされ…子供が巣立ち、伴侶が旅立った後の高齢者住宅に通じるものを感じてしまった。



JR愛別駅1
まずは駅舎の前景から。
このときは、ガランと広い駅前スペースに、工事業者の車がちらほら止まっていた状態だった。

なお、この写真を「駅」と言わずに見せたら、農協(JA)のようなものと思う人が続出する気がする。
JR愛別駅2
ドアを開け、駅舎の中へ入ってみた。
列車がやってくる直前でも、やってきた直後でもなかったので、誰も人はいなかった。

無人駅である。
もう使われない、改札が残されていた。
「ホームへの入場案内」「切符の手売り」などをする駅員のブースに前に板が打ち付けられたとしか思えない形跡まである。

列車がやってくる前に、ドアを開けてホームへ行ってくれなんて形になっている。



JR愛別駅3
かつては、列車の待合室としてちゃんと機能していたような待合室である。

でも、どこか遠地へ向かう手段が自動車の普及で、鉄道を使う必要性が減ってしまったので、これでも過剰施設になってしまう。
壊れるまでこのままにしておけばいいって感じが、プラスチック製のベンチに感じられる。

それから、バックライトに照らされる旭川市内にある病院の広告が悲しい

病院しかないって…とも思わないでもないが、6つあるパネルのうち2つは撤退後で真っ白、残り4つは病院。4つの病院のうち3つは裏返しになって「広告していない」ことになっている。
広告の字体は、いかにも昭和のもの。

【表向き】
内科・胃腸科はらだ病院
【裏返し】
整形外科進藤病院
池田眼科
奈良眼科

あれから30年…まるで綾小路きみまろの決まり文句のようになってしまう。
広告版に残った4つの病院について、検索してみたらなんということでしょう。
全て、電話番号の変更もなく現存している。

うまく書けないが、悲しいものを感じさせられるのだった。

最低限の補修はしているが、そこまで。どうにもならないが、悲しい

その2に続きます。





スポンサーサイト

テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

旭川駅との落差が露わすぎる無人駅、JR函館本線・近文駅(その2)

その1の続きです。
進研ゼミ教の高校信者には「部活も恋愛も勉強もうまくいく」なんて全く歯が立たない一方、「氷川きよし教」のようなオバサンには馬耳東風なダイヤのお話が中心です。



JR近文駅ホーム待合室2
JR近文駅ホーム待合室4
小屋のようなホーム上の待合室に入ってみた。
中はそれなりに作り変えられていたので、不快さは全く感じなかった。

酷い待合室になると、換気されずに溜まりよどんだ異臭が漂っていたり、ドアた窓のあたりに蜘蛛の巣が張っていたりするのであるが、ここではそんな気配は全くなかった。
ただ、中に掲示された時刻表に残酷な現実が投影されてしまっている。
JR近文駅ホーム待合室3
1日に(上り)旭川駅行き9本、(下り)10本。(時刻表に記されていないが)通過していく特急の方が多い哀しい現実もある。
時刻表の中身を見ると、いかにも「高校通学」に主眼が置かれるとわからされる。

午前7時台の旭川行き2本、15時19分留萌行き、16時16分・17時40分の岩見沢行きの箇所だけが便数多しとなるが、これはいかにも高校通学用と見えてしまうばかり。
特に7時51分旭川行きは「高校へ登校する生徒」、16時16分の岩見沢行きは「高校から下校する生徒」が主眼のように見える。

なお、「部活も恋愛も勉強もうまくいく」冷笑させられるばかりの進研ゼミ教は、このダイヤに合わせなければならない自宅通学生徒には通用しない。
部活の終了時間とダイヤのかみ合わせから、早じまいとかアイドリングタイム発生みたいなことが起きてしまうんですから。

それから、「ホテルに1泊してまでコンサートを見に来る人」を除く、近隣の住民にも使い勝手が悪い。
旭川市民文化会館での公演に関する、開演時間を見てみた。

上田正樹、斉藤和義、玉置浩二…旭川以外と同じく平日は18時30分開演なのには驚きもしないが、終演時間で列車が終わっていないか? 気になってしまった。
氷川きよしの公演は平日の12時と16時の2公演なので、最終列車を意識しないでいいんだろうが、デイタイムは拘束される学生や勤め人のお客様はほとんどいないので問題にしてもしょうがない。【氷川きよし】を福田こうへい、山内惠介、石川さゆり、森昌子、細川たかし、五木ひろし、森進一、北島三郎、綾小路きみまろなど、「あれから40年」とやっても話になってしまうお客様が中心の歌手に置き換えても、問題がない。
JR近文駅駅名標
最後は駅名標です。




テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

旭川駅との落差が露わすぎる無人駅、JR函館本線・近文駅(その1)

2017年9月11日10時過ぎ、日本最北のターミナル駅・JR旭川駅の隣にあたる、JR函館本線近文駅へ行った。
お約束のように写真を撮った。

無人駅だった。

それなりに駅舎は綺麗にされていたが、いかにも自家用車やトラックに客を奪われた後、みたいな雰囲気を醸し出していた。

旭川のような、人口数十万程度の都市圏では、鉄道が引かれていても、下駄ばき代わりに使えるほど鉄道の本数がない。
だから、通勤客はダイヤに勤務時間を縛られないよう、マイカー通勤に移ってしまう。
お買い物もマイカーで…近くのイオンモール旭川西がその現実を投影する皮肉さまである。

この駅も御多分に漏れず、高校通学客が利用客の中心になってしまっていそうに思える。



没個性だが、整備はちゃんとされているJR旭川駅である。
都市計画に従って…とよそと代り映えしない施設の中心になんて感じなのが残念過ぎる。

倉敷では「アリオに行けば」、鹿児島では「アミュプラザに行けば」とジモティに勧められるのに似た、「イオンモールに行けば」とされてしまいそうな駅とSCのセット、苦笑してしまう。
JR旭川駅北口1

JR旭川駅は、国鉄当時に設定された「幹線」の最北端でもある。
函館から旭川までの函館本線が「幹線」なので、旭川駅も「幹線」となる。

函館本線の終点1つ前、近文駅も必然的に「幹線」。

ただ、旭川程度の都市圏では、鉄道に関する施設整備は「中心駅」ばかりになりがちだったりする。
JR近文駅駅舎1
JR近文駅ホーム待合室1
JR近文駅駅舎2
近文駅駅舎は、正面から見ても、その反対側(ホーム側)から見ても、それなりに金をかけて、ボロくならないよう建て替えられているのであるが、ホーム上にある待合室はいかにもな時代物とわかる。

ホーム待合室の木造建屋、築50年は優に経過していそうだ。
(その2)に続きます。




テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

1両でも余るホームに2両編成の列車がやってきた。JR富良野線北美瑛駅

被害妄想カリアゲ豚男の暴挙が起きてしまってから5時間ほど経った2017年9月15日12時30分ごろ、旭川から富良野へプリウスで向かう途中、美瑛町にあるJR富良野線北美瑛駅の前にたどり着いてしまった。

別に渡辺徹×小泉今日子の「カリッと青春」黄金街道とか、「大野クン」「櫻井クン」「ニノ」「松潤」「相葉クン」恋愛妄想ストーカー豚女の相次ぐマナー違反のせいで怒りのカリアゲにされてしまった「哲学の木」とかの現場に向かうつもりはなく、昭和三十年代の香りがする国鉄の駅とか、郵政省の郵便局とかを引き継いだ時代物建築物を追っかけていただけなのですが。

そんな道すがら、北美瑛駅の前にたどりしまっただけの感じだった。



ここにたどり着く前に立ち寄った西神楽駅・千代ケ岡駅のような、家屋のような立派な待合室はなかった。
送り迎えの車を止めるようなスペースはあったが、取り壊された後の住宅跡みたいな雰囲気だった。

線路があって、踏切があって…
だが、大都会の住人的には「駅」があるようには見えないところだった。

駅一式の「構造物」の前から、「構造物」を見ても、どこにも「駅」を示す文字がなかった。
「Sta.」も「Station」も「驛」もなし。「北美瑛」の字もなし。

「北美瑛」の文字が屋外に示されるのは、ホーム上の駅名標のみ。それも、鉄道車両の車窓から確認できるのみ。

近くに集落のように人家が集まる感じもなかった。

だから、何も知らないでこの辺りを通過しても「北美瑛駅」があると気が付かないままの人も多いと思える。

ライラックと思しき花などが植えられた小さな公園並みの花壇があって、その奥には小屋ぐらいの大きさの待合室と、木製のホームがあった。

ただ、ホームの長さが1両程度しかなかった。
1両編成で走る車両ならなんとかなりそうだが、それ以上はどう対応するんだろう? みたいなことを思った。



駅構造物の前にいた際、左手(美瑛駅)方向から踏切の警音が聞こえてきた。

左手の方向を見ていたら、ライラック色のラインがペイントされた列車がやってくるのが見えた。

こういう時は、デジカメの動画モードで撮影しないと…ということで撮影した。

2両編成だった。

1両程度の長さしかないホームへ停車すべき減速し、停車した。
2両とも、車両の前部と後部に1つずつ、スライド式のドアがついている車両だった。

車両は、進行方向前方の車両の、前部のドアだけがホームに降りられるような停車だった。
前方車両の後部ドアの箇所にはホームなし。後方車両もホームなし。

そもそも、ホームの長さが1両分もない!!
だから、車両につけられているドアが1両目の前部しか開けられない。

北美瑛駅周辺の雰囲気から、これで十分なんだろうとは思ったものの、モヤモヤする。

なお、この停車時の乗降客はゼロでした。
到着前に待合室やホームに人がいた気配もなければ、ホームから出てきたひとの気配もなく、車両のドアが開けられた気配もありませんでした。

※本質じゃないんですが、花壇が見える場所からもわかるように「北美瑛駅」の文字を表示することをお勧めします。
いくら近所の住人ぐらいしか利用しないような駅とはいえ、その程度だったらペンキ購入費用だけで、北海道美瑛高校の生徒に人件費がいらない校外学習と称して書かせるぐらいで済むのだから、やった方がいい。
JR北海道、美瑛町役場の方、ご検討を。





テーマ : 北海道
ジャンル : 旅行

市役所主導の不動産再開発でインスタ映えしないJR旭川駅

去る9月中旬、道東オホーツクへ旅行へ行った。
でも、旭川空港発着。
到着時刻の関係で、初日は旭川の中心部に宿をとった。
必然的にJR旭川駅(JR北海道)が近くなる。

そんなことで、「リーマンショック前夜」の「リーマンブラザーズ破たん直後」に、ガラケーで写真を1枚撮っただけで、まともに写真を撮れなかった旭川駅にでも行こうと、午前7時ごろに向かった。





2008年当時は、駅前に高校通学客などの自転車が多数停められていた。
当時、すでに東京では「作ってやったんだから金を払うのは義務だろ」みたいな、他人の財布を貪るNHK作業員や、ライトグリーン作業服の駐禁かっぱらいのようなお役所仕事が横行していたのだが、まだ旭川駅にはやってきていなかった。

最近は「ボロ宿」「廃墟」「国宝」を除くと、郵便局か駅ぐらいしか現役感のある古い建物が見られなくなってしまった。
2008年当時の東口はいい感じに時を経ていた。

JR旭川駅(2008年)

2008年に中途半端にしか撮れなかった写真撮影のリベンジでもしようと向かったのだが、ポカーン。
ここはどこ? みたいな感じ。ベタすぎるありがちな、お役所が鉛筆をなめて、幕ノ内定食的、没個性的な駅舎と、その手前のロータリー、ついでに統一規格のイオンモール。旭川の地名を、どこかと置き換えてもバレそうもない感じがする。。

大阪駅の近所にある、阪急梅田駅のように、ホーム全体を屋根で覆う構造になっているのは真冬の降雪や寒風を考えれば理解できるのであるが、低層で横に長い構造は、新大阪駅とか木古内駅とか新尾道駅のような新幹線停車駅の一部に似た、空港ターミナルビルもどきと見るしかなくなってしまう。
北海道新幹線は、どうまかり間違っても、旭川までは延伸されませんって。
インスタ映え…一見さんの中国人観光客は関心を示すんだろうが、日本人的には、駅構内通路脇に置かれた、記念撮影用の旭山動物園50周年記念シロクマやペンギンのミニチュアの方に関心が行ってしまう。残念

JR旭川駅北口1
JR旭川駅北口2

2017年時点の旭川駅駅舎は、ホームが2階にあり、その下は自由に行き来できる構造となっている。
北口から南口へ向かい、外に出たら、木々が並ぶ公園らしき前の小さな広場があって、かなたには神居山と思しき山などがそびえている。

ひょっとして、この絵図を狙ったの?

ただ、このとき、広場からどこかに抜けて行けそうな雰囲気が感じられず、何のために作ったのかわからなかった。

帰郷後、地図を見たらちゃんと意味があった。
南口を出て左に曲がり、高架に沿ってまっすぐ進むと、バスターミナルのあるロータリーへということだった。

さらに、写真にある広場や、左手にあるロータリーは、高架化に伴って空いた、JR富良野線用のホームや、富良野線・函館本線・宗谷本線用の引き込み線などの跡地に設けられたものだった。
写真ではわかりにくいが、広場の向こう隣は忠別川の河川敷となっている。

街中の配置から、駅裏に商業施設を作ったって儲からない。
ホテルは、単に駅の距離だけで考えれば儲かりそうだが、駅内の通路を深夜でも開ける必要が生じるので駅裏は望ましくない。
そんなことで、深夜に駅内の通路を閉鎖しても問題がないものを並べてしまったと見て取れる。消極的だわ。

JR旭川駅南口1
JR旭川駅南口2

一般に降り立つ出入り口から、旭川郊外の山並みが見やすくなる構図になったことは歓迎としていいものの、それ以外はガッカリ感ばっかりでした。
隣のイオンモールにポケモンGO「ジム」が乱立しただけでもいかがなもんかと思ったが、機能性ばかりを追いかけてしまった感じの駅がそもそもだ。

ただ、少なくとも数十年間は現状から変わらないでしょう。残念です。





テーマ : 駅の写真
ジャンル : 写真

アド

プロフィール

プラチナヒルズ

Author:プラチナヒルズ
黄海…もとい後悔三国(中華人民共和国、大韓民国、朝鮮民主主義共和国)は反日で構わないが、プロパガンダで貶めるから嫌いです。
原発は放射性廃棄物の無害化技術が実用化されたら賛成に回ります。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングサイト

blogramで人気ブログを分析

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム